トップページ | 2004年7月 »

2004年6月

2004.06.30

日本で使うならVGS

ほんのいくつかだがSIMを試した結果、今のところは日本国内での使用を前提ではVGS以外の選択肢はないというべきだろう。

海外オペレータのSIMでも使えるものがあるが入手がむずかしいし、だいたい日本国内では海外ローミングになるわけだから現地と違い割高である。それでも日本国内のオペレータの通信料より安いのならOKだが、さすがにそんなことはない(はずだ)し、ポストペイドではなくプリペイドだった場合、リチャージ用のバウチャーの入手もさることながら場合によっては当該国内でないとリチャージできないSIMもある。

そして、FOMA。
通話のみと割り切るしかない。GPRSが使えないからNokia7600の機能の多くが使えないに等しい。メールはSMSのみ可能だが、現在のFOMAのSMSは他のオペレータとの送受信が不可能なので便利に使えるとは言いがたいと思う。当たり前だがi-modeも使えない。「VGSを契約したくないのでFOMAが使えるならFOMAで使おう」的発言を今までいくつか各所で見たが、無理せずVGSで使えばいいじゃん、と思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.06.28

Smartone PayGo SIMを使う1

某氏にお願いしていたSmartone PayGoのSIMを受け取る。TopUpもお願いしてあったので、早速7600に挿してみる。
ネットワークの検索にいやに時間がかかった気がするが、Vodafone JPを捕まえる。手動で設定してみるとJP DoCoMoも出るので選んでみると、えらーく長い時間かかったあげく接続要求が却下された。DoCoMoのFOMAはSmartoneとも提携があり、香港では使えるようなのだが何で? 例によってネットワークのバージョンの違いがあったかもしれない。違う場所なら接続できたかもしれない。(=赤坂だった。今、西新宿で試したがやはりJP DoCoMoはアクセス権がないと出た)

このSmartone PayGoは日本で電話をする時は、海外ローミング状態になるわけで例えば日本のケータイ090-xxxx-xxxxにかける場合は、*132*0018190xxxxxxxx#でコールし、Acceptedと出たら終了を選びしばし待つと電話がかかってくるとSmartoneのアナウンスがあり、そのまま待つと呼び出し音が鳴りはじめて相手を呼ぶ出すと、いわゆるコールバック式になるようである。

また、このPayGoはGPRSが使える。GPRSの設定はNokia7600の場合は、SmartoneのWebにある。ここで、Nokia7600を選択すると手順の書かれたPDFが表示されるので、それに応じて手順を踏む。具体的にはNokia7600で*108*60#をコールするとGPRS設定ファイルが送られてくるので、それを受信したらメッセージ設定やサービスの設定等を(PDFに手順が書かれている)する。そんなむずかしいことはないのであっけなくGPRSが使えるようになるはず。私にはあっけなかったです。(むしろ、コールバックでつまづいた。#を付け忘れたせいですが)

この海外のオペレータによくある、設定ファイルを送ってくるサービス(なんていうの?)はいいよね。Nokia7600のGPRS設定は、数カ所いじる必要あるし階層も4階層位深いところまで設定するから、(vodafoneにはサポートする義務はないけど)設定ファイルを受信できたら、つまづく人も少ないだろうに。(つまづいてる人がどれほどいるのかわかってないけど、皆無ではあるまい)

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2004.06.27

FOMAのU-SIMを挿す3

ふと気が付いた。FOMAのU-SIMをNokia7600に挿している時、着番号通知表示では+が付く。
例えば、「090-xxxx-xxxx」からかかってきた場合、表示は「+090xxxxxxxx」と出る。もちろんケータイ番号に限らず、「03-xxxx-xxxx」なら「+03xxxxxxxx」ということだ。F2051ではこういう表示にならない。これは何を意味するか?

FOMA端末は現在、VGSの端末と違って日本国内での使用しかできない。海外ローミングはFOMA端末からU-SIMを抜き、GSM端末に挿すことで対応している。ということはFOMA端末以外にU-SIMを挿している=海外ローミング中と判断して(リダイヤルしやすいように)+を付けるのだろうか? 一見、親切そうな気がするがちょっと???な感じ。登録している電話帳の番号に+が付いてないと登録されてる番号から電話がかかっても、(着信を)登録名では表示しないわけだし。(もっともレンタルしたGSM端末にそんな電話番号登録はないはずだと踏んでいるのか。でも、U-SIMにも50件ばかり電話番号を記録できるんだしなぁ)

VGSの端末は、現行機種はGSM/w-cdmaのデュアルモード機で、そのまま海外に行って使えるせいか(手動でモードの切り替えは必要)、VGSのU-SIMをNokia7600に挿しても着番号表示に+は付かない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.26

PC suiteをVirtual PCで使えるか

いきなり結果から。玉砕。

今、家で使用しているMacで最も高パフォーマンスなのはPowerbook G4 867MHzといった、今やiBookにすら劣る部分が多いマシンである。これでVirtual PC使ってWindowsをエミュレーションしたってたかが知れた速度でしか動かない。そんなわけでそれでも少しは(軽くて)マシなのではなかろうかとWindowsは98SEを入れているのであった。そして、PC suiteの必須OSはWindows 2000/XP(Pro/Home)であった。

それでも、未サポートを決め込むつもりでそう書いてあるだけで実はインストールできるかも? と思ったのだけどインストーラは途中で、このOSバージョンはインストールできませんと匙を投げてよこしましたとさ。えーと、windows2000環境も作ってインストールしてみるべきでしょうか? でも、↓のこともあるので、インストールできても使用する意味がないってな可能性が....。(あ、Bluetoothがあるか)

USB Driver。インストール自体はできる。USBデータケーブルにNokia7600差してPB G4のUSBに差す。プラグ&プレイが動作しNokia7600検出、モデムドライバをインストールしようとするけど...結果はインストールできず。大体、Mac側で認識できないUSBデバイスってWindowsドライバがあってもVirtual PC上のWindowsで使えるんでしょうか? 以前もPDCケータイ用のUSBモデムを試してみたらだめだったし。

Multhmedia Player。やはりOSチェックで蹴られる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワイヤード通信

Nokia7600日本語版パッケージに同梱のUSBデータケーブルを使ってみる。

7600ユーザーサポートのページでは、USB DriverやMultimedia Player単体、そしてユーザー登録することによりPC suite(Multimedia Playerも含まれる)がダウンロードできる。ただし、全てwindows版のみ。Macは未対応。(*1)
PC suiteはバックアップ取ったりOutlook等とスケジュールを同期したり、画像・音等をNokia7600に転送したりコピーしたりするソフトウェア。これの使い勝手などは別の機会に。

USB Driverをダウンロードしてインストールしておき、Nokia7600にUSBデータケーブルを接続しPCのUSB端子に差すと、すぐさまドライバのインストール/セットアップが始まる。ドライバの場所をUSB Driverのインストールをしたところに指定すれば、しばしの後に正常に完了する。
ネットワークとダイヤルアップ接続 > 新しい接続、で、必要な設定を行う。
● VGS U-SIMの場合
電話番号: *99#
ユーザー名: ai@vodafone
パスワード: vodafone

で、やはりあっけなく繋がる。
問題は、FOMA U-SIM。結果はやっぱりだめ。Mac + Bluetoothと同じ状態。ただ、FOMAだけがダメってことではなくVGSでも同じ64kデータ通信として接続させようとすると繋がらない。電話をかけてる風の動作はするが実際にはオンフックな状態になってないように見える。電話機(7600)の問題か?

*1
Macではbluetooth(デバイスをブラウズ)を使えば、iTunesのMP3、画像ファイル等のやり取りはできる。アドレスもvCard形式でやり取りできるらしい(未確認中)。iSyncは残念ながらNokia7600を検出しなかった。
追記: 単純なファイル送信ではvCardのファイルをNokia7600は受信できなかった。何か方法があるのか? それともガセだったのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2chで-その後

やっぱり着信通知(受信通知)としてであり、内容を見るためには手動でメールを取得する方法であるらしい。メールサーバのメンテナンスのため、vodafone端末の使用の併用も必要な用法。

素直にvodafone端末を使えばいいじゃん。手間も少ないし、無料の先行受信(vodafoneのメールシステムに詳しくない人は*1参照)である程度の内容は把握できる場合もあるから、いちいちパケット代を使わずに済むはずだし。

*1
vodafoneのメールはPDC/VGS、スーパーメール、ロングメール、VGSメール問わず、全角192文字相当まで受信料は無料で、まずその文字数に収まる分だけ先に届きます。VGSメールではこれを先行受信といいます。残りの受信は先行受信の中から選択できます。
VGSメールの先行受信は日本国内では無料ですが、国外では有料になります。先行受信はメールの一部を先に受信する機能ですが、これとは別にメール通知というのがあり、これは国内外共に無料です。メールがメールサーバに届いたことを知らせるだけのもので、例えばV801SAでは画面にアイコン表示の形で通知します。メールの自動受信はユーザ側でメール通知、先行受信、全文受信の3つの中から選択しておくことができます。VGSメールはvodafone live!の機能なのでvodafone live!対応している国の、対応しているオペレータのネットワークを使用中に限ります。SMSはvodafone live!の機能ではないので、通話可能なエリアなら大抵使えるはずです。FOMAのSMSと違い、他のオペレータと相互に送受信可能です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2chで

普段はほとんど読みに行かない(いろんな意味でシチメンドクサイので)2chなんだけど、思うところがあり携帯板のNokiaスレを見る。そのスレの8だったか9辺りに、VGSのU-SIMをNokia7600に挿しVGSメールにインターネットメール(POP3だとかのメールの意味とお考え下さい)を転送してメール着信を知る、これが便利(意訳)と書いてる人がいた。

このNokia7600におけるVGSメールついては「現時点での個人的問題点」で書いたんだけど、文字化けして読めないはず。senderもメール本来の差出し人ではなく、数字になってるはず。ということで確かにメールが新しく届いただろうことはわかるが、誰からのどんな内容のメールなのかは(SPAMメールなのか否かも含め)わからないはず。それでも便利だと言っているのだろうか?  それともカキコした本人は実際はそんなことはしておらず確かめてもいないのだろうか?  そして、このことに対して全くツッコミもなかったところを見ると、あのスレにはVGSユーザがいないのか、いやNokia7600ユーザも実はほとんどいなかったりするのではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.25

bluetoothワイヤレス接続

Powerbook G4 12inch(初期型!)とBluetoothを介してインターネット接続する。
まず、VGSのU-SIM。
●Macでの設定(OS X 10.2.8)
USB Bluetoothモデムアダプタ > PPP
サービスプロバイダ = vodafone
アカウント名= ai@vodafone
パスワード= vodafone
電話番号= *99#
USB Bluetoothモデムアダプタ > Bluetoothモデム
モデム= Nokia IR6210_8xxx
●Nokia 7600
接続 > GPRS > GPRSモデム設定 > 使用するアクセスポイントの編集
GPRSアクセスポイント= vodafone
接続 > Bluetooth > オン
以上の設定をし、PowerbookG4とNokia7600がBluetooth機器のペアリングできてる状態で、USB Bluetooshモデムを使った接続をすれば、あっけなく繋がる。

FOMAのU-SIM
GPRSが使えないので、ふつーにダイヤルアップで繋いでみる。
●Macでの設定
USB Bluetoothモデムアダプタ > PPP
今回は@Niftyのケータイ/PHS用の番号にしてみた。
●Nokia 7600
接続 > Bluetooth > オン
GPRSが使えないのだが、何か他に設定が必要かどうかわからず。
以上の設定化で、ダイヤルアップしてみると電話をかけているようではあるが、すぐに回線切断状態。Mac側ではキャリアを検出できないとエラーが出る。
(FOMA F2051にSUNTAC CS-10UでPC(windows2000)に繋いで@Niftyに繋いでみたらちゃんと繋がった)

Bluetoothを介してケータイでパケットではないインターネット接続はシンガポールで、SonyEricsson T610で成功していたので出来ないはずはないと思うのだが、何が悪いのかの見当は今のところついてない状態。Mac側なのか7600側なのか、FOMAなのか。はたまた私?

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2004.06.24

大きいのか小さいのか

へんな形なのは周知の事実として、なんかでけーぇよ、と買う前は思ってた。というか、予約してからも思ってた。
本来、小さいものが小さい時から(幼い時から)好きで、SonyEricsson T610を衝動買いしたことのある私としては、一回り小さけりゃなーと思うことしきりでもあった。(そういえば、DoCoMoの、T610系デザインなPreminiだっけ? 発売日が何やら決定したそうだが)

しかーし、ここんとこずっと持ってると何やら手に馴染んできて大きさは気にならなくなり、っていうかこの大きさでいいじゃんみたいな気持ちになってきた。この形ってケータイと思うより、デジカメとかミュージックプレイヤーと思うといい感じの大きさ/形なんだよね、結局。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.23

番外編:F2051

0円で入手したF2051だが、えーとこれはFOMAとしては初期のモデル?(あとで調べる)印象としては、
● 動作がもっさり。
● 電池の減りが激しい(感じ)。
これはかなり厳しいね。V801SAも動作が遅いとか、電池が持たないとか散々言われてるけど、その比じゃないね。オペレータが違うしメーカーも違うけど、1年前のモデル(製造が2003/7月)はこんなもんだったのか、1年でここまで良くなったのかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FOMAのU-SIMを挿す2

VGSのU-SIMを挿したNokia7600では、(VGS端末を使って)e-mailの受信設定を先行受信にしておけば、文字化けで実際には読めないのではあるが、届くことは届く。(そういえば、先行受信ではなく全文受信にしておくとどうなんだろう? あとでやってみよう)=(先行受信とか全文受信は端末側の設定じゃん、ということに気が付きました。Nokia7600でそれらの設定ができない以上、結果は試さずとも同じですな)

DoCoMoのU-SIMではどうだ?
0円端末だったF2051でメールの受信設定をしておき、Nokia7600にU-SIMを挿し替える。PCやVGSからメールを送ってみる。何も届かない。設定を間違えたかと思ったが、F2051にU-SIMを挿してる時に送れば即座に届く。7600の時に届かなかったメールも受信できる。
なるほど。本当に、本当に通話しかダメってことなのか。今後もいろいろ模索してみよう。
飽きたら解約だ、FOMA。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FOMAのU-SIMを挿す1

FOMAのU-SIMが欲しいと思って、DoCoMoショップにて「U-SIMだけ欲しいって言ったら対応してもらえるんですか?」と訊く。
答えは「Yes」。でも、「0円端末もありますよ」だって。
買いました、F2051。(いや、0円なんだから「貰いました」かな?)
とりあえず、自宅に戻りNokia7600にU-SIM(当然、緑色のやつ)を挿した。JP DoCoMoを認識した。音声通話は可能。Gのマークは出るが、GPRSは使用不能。設定できないし情報もない。

VGSからSMS送信。不能。
VGSへSMS送信。不能。
なるほど、噂通り。これがFOMAのSMS。GSMの世界のSMSではなくFOMAだけで閉じてる、SMSもどきのようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.21

不思議

Nokia7600が届いてすぐ、SingTel Hi!Cardを差していた時のはずなのだが、090-XXX-XXXXで電話をかけられた。後にかけれなくなったが、プリペイドだしシンガポールのオペレータのSIMなわけだから、海外ローミングできるほどの残金がなくなったかと思ったのだ。(+81-90-XXX-XXXXでもかけられない)
だが、実はコールバック式(*131*81-90-XXX-XXXX#)で、かけられた。そして、残金は本日でも、まだS$13位ある。
シンガポール滞在中では、コールバック式ではなく普通にダイヤルしてコールできてたのだが(相手先に繋がる前にオペレータの残金を告げるアナウンスがあるが)、ローミング中はコールバックになるのか?(そういうことを告げるSMSは確かにSIMを差した直後にすでに届いてた) 
しかし、では、一度090でかけられたのは何故だ? 気のせい?(いや、かけたケータイに着信履歴がある)この時に使用していたネットワーク(オペレータ)はどっちだったか失念してしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電波状況

FOMAのU-SIMを現在、所持していないのであるが、SingTel Hi!Cardは前述の通り、JP DoCoMo/Vodafone JP共にオペレータとして選択できる。

だが、我が家ではどうもJP DoCoMoの電波は弱いようである。Vodafone JPは俗にいうバリ3状態だがJP DoCoMoはバリ2弱って感じだろうか。(Nokia7600の電波強度表示は一般的な日本のケータイのそれとは違うが、便宜上、推測でこういう表現である)
オペレータを手動でJP DoCoMoにした後で、オペレータを自動にしておくといつのまにかVodafone JPに変わっている。逆のパターンはまずない(今のところ)。JP DoCoMoに手動で設定したままにしておくと、圏外状態になってる場合もあるようだ。

家は、西新宿界隈なのであるから基地局が近所にないとかそういうことではないと思う。いわゆる穴がある状態なのかもしれないが、これらの状況は何を意味するのか?
例の、互換性のない独自のW-CDMAネットワーク(アップデート中であるとも聞くが)だったことに関係があるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現時点での個人的問題点

VodafoneのU-SIMの利用ではGPRSを使えるが、Vodafone Live!の公式サイトの閲覧、VGSメールは使用できない。ってのはノキアジャパンも最初から言ってることなので既知のことではある。
E-mailはPOPメール等を使用可能なメールアプリケーションが付いているので、それを利用して送受信が可能。だが、ヘッダ受信ができないので指定した数(任意に設定可能)のメールを読み出すだけだ。メールが大量に届く場合、必要なメールだけを選べないためにパケット数がかなり気になることに。ヘッダ受信ができるメールアプリケーションにバージョンアップしてもらいたい。

通常、私はインターネットメールをVGSケータイに転送しており、先行受信をインターネットメール着信通知的に利用している。この設定をしているU-SIMをNokia7600に差した時は当然、Nokia7600に先行受信が届くことになるが文字化けして読めない。差出し人もよくわからない数字なので(=VGSメールのサーバ?)誰からのメールなのかもわからない。(SMSでの日本語は化けない。あくまでもE-mailの先行受信の話である)

このメール環境は、国内においてはVodafoneの端末と比べたら不便である。この点さえなければ、Nokia7600をメインに使ってもいいんだが、残念である。
海外に出た時は、先行受信も有料になってしまうためメールの転送はいつも止めているので海外滞在中はこのデメリットはなくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

各種(U-)SIM

vodafone U-SIM ....当然、使用可能。GPRSも可。

SingTel Hi!Card .....使用可能。Hi!CardはプリペイドSIMで、WAPは対応、だけどGPRSは非対応だったような。 そのためか、Gのマークは付かず。JP DoCoMo/Vodafone JP共に利用可能。

O2(モベル) SIM......使用不能。DoCoMo/Vodafone共に提携がないためか。
(追記。現在はDoCoMoと提携があり、JP DoCoMo網に入れる)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

诺基亚7600到着

2004/06/14午前、Nokia7600到着。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2004年7月 »