« Globe Handyphone | トップページ | グローバルコールプランについてその後1 »

2004.07.12

グローバルコールプランについて

VGSのグローバルコールプランは海外専用ケータイとしての契約だがwcdma機に差すと国内でも利用できるわけで、その際はライトコールプラン並みの請求が来る。

国内利用と判断される条件は? と西新宿のボーダフォンショップ、157(お客さまセンター)、メール(お問い合わせフォーム)で計3回も訊いた返答は、音声発信/メール送信がなければ国内利用ではない、とのことだった。

しかし、一部ではそうじゃない、3,500円の請求が来るとの話も出ていた。某氏も実際に請求が来たとのことだった。で、本日、請求書が届く。3,500円の基本料で。
まー、薄々、そうなのかもなと覚悟はしてたけど、やっぱり腹立たしいので157に電話して「何度も問い合わせしたのにどうしてだ?」と文句言いつつ訊く。

そして答え「着信があって(電話に)出なくても、コールがあっただけでもう国内利用と判断します」(意訳)
なにぃー? 全然、違うじゃん。違い過ぎて信じられないので「結局、国内利用と判断する基準はSMSも含めてもう一度調べよ」と命じ、返事待ち中。ついでに複数回の問い合わせにも関わらず、そういう答えが出なかったことについての説明も要求中。


ちなみにどう使用したかというと、音声通話の着信(もちろん通話成立)/SMS受信/*5555(ご利用料金案内サービス)である。これらも国内利用と判断されないと返答があったからである。
**
誤解されたくないのだが、日本国内でネットワークを使用した形跡があるから国内利用と判断するのだとしても、そういう説明がはなっからちゃんとされていれば文句ないのである。ネットワークは資源であるから使用料を取るのは当然だと思う。

|

« Globe Handyphone | トップページ | グローバルコールプランについてその後1 »

キャリアサービス等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7524/952528

この記事へのトラックバック一覧です: グローバルコールプランについて:

« Globe Handyphone | トップページ | グローバルコールプランについてその後1 »