« MM Reversi 1.0 | トップページ | 702NK & 802SE and CLIE »

2005.03.27

702NK スケルトンガワその後

i702nk-hだめっす。やっぱ安っぽいっす。写真だとわかりにくいと思いますが。
塗料の選択が悪いのかなあ。今回使ったタミヤカラーのスプレーより前回手塗りで失敗したMr.カラーの方が雰囲気は出てたかもしれない。あとはやっぱ素材感か。iBookとかってポリカーボネートだっけ?
i702nk-vi702nk-zoomi702nkbrightそういや、副産物というか、暗闇でこんな風に光るようになりました。塗りがまだ薄いと言えるのかもしれないけど。

i702nk-w-ipod

|

« MM Reversi 1.0 | トップページ | 702NK & 802SE and CLIE »

702NK/6630」カテゴリの記事

コメント

うーむ、やっぱり素材そのものの差がでちゃうんですねぇ。ポリカでないと、あの美しさは出てこないのかも。でも暗闇での光かたはかっちょいいですね。
こうなると特注したくなりますが、ポリカであの形状となるとかなりお金かかりそうな(素材も、金型も)。

投稿: Y氏 | 2005.03.28 09:45

あと、やはり塗料と塗装法の差かも。iMac/iBookとかの裏塗りのあの塗装ってなんか特殊な技術があったような気がします。

私が塗ったこのハウジングってなんか往年のセルロイド石けん箱っぽい質感なんですよねえ。じゃなきゃ像が踏まなくたってカンタンに割れちゃうセルロイド筆箱とか。

投稿: kaeruco | 2005.03.28 18:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7524/3461062

この記事へのトラックバック一覧です: 702NK スケルトンガワその後:

« MM Reversi 1.0 | トップページ | 702NK & 802SE and CLIE »