« ボーダフォン新料金サービス | トップページ | 702NK 純正Xpress-onカラーカバー »

2005.04.21

7600 製品寿命

水曜日の夜、通りがかりに新宿小田急ハルクのところのビックカメラを覗いたら、ここは3Fにケータイの売り場があるのだけれど、Nokia7600のモックアップが売り場に背を向けエスカレータの方を向いて展示されていた。
ってゆーかあ、
エスカレータに乗っていると(たまたま)見えるだけで、片付けられかけてる?

もはや、ほとんど売れないんじゃないのかなー? 0円/1円端末にはなり得ないのだし。思い返してみると、使いにくい部分もあったりする端末だったけど今となってはけっこう愛着出て来ていたりして、ちょいと不憫に思ったのでした。

|

« ボーダフォン新料金サービス | トップページ | 702NK 純正Xpress-onカラーカバー »

7600」カテゴリの記事

コメント

もーすぐ6680が出てきちゃうと、7600はThe End、引退ですかね。海外ではすでに半年以上前に終了しちゃってますし。やはり7系をそのまんま売ったってのは失敗だったと思います。6650も日本語化して、ビジネスの6、おしゃれな7、とやればよかったのに、「6650の後継で7600」ってのは無理があったわけですから(そんな売りかたしたのはもちろん日本だけ)。
私はうちの奥さんの7600があまったので、次回帰国時からは日本用端末として7600を活用予定です。私は個人的には大好きですから~

投稿: Y氏 | 2005.04.22 01:36

私のも基本的にはSmarTone PayGOでこれからも現役ですよ、たぶん(今日は別のSIM挿してあるけど)。

日本では実際はどれほど売れたか知らないのですけど、注目度の点からは成功したのかもしれませんね。つい先日も、縮小されケータイストラップ等のグッズ売り場に吸収されてしまった東急ハンズ新宿1FのNokiaコーナーにて、推定女子高生二人組が7600を指差し「何これ? 何これ?」と騒いでいるのを見ました(肯定/否定的に騒いでるのかどうかは不明)。702NK/6630のヒット(なのか?)も7600が築き上げた下地があったのかも。

投稿: kaeruco | 2005.04.22 16:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7524/3801764

この記事へのトラックバック一覧です: 7600 製品寿命:

« ボーダフォン新料金サービス | トップページ | 702NK 純正Xpress-onカラーカバー »