« 702NK とDTAC | トップページ | 702NK Nokia Music Playerその後 »

2005.10.23

M1000 海外ローミングでのmoperaU

m1000dtac今回のバンコクではPowerbookも持ち込んでいましたが(ホテルに有料でイーサネット接続のアクセス手段があった)、ファイルの転送を一回やっただけで、メールやWeb閲覧等は主にM1000を使っていました。FOMAの海外ローミング接続先はi-modeやmopera Uのデータ通信の場合、DTACとTH GSMになるようです。私が試した状況ではDTAC以外ではうまく繋がりませんでした(ただし、TH GSMでは実際どうだったか失念。接続を試さなかったかもしれない)。

使い勝手は日本国内と全く変わりません。課金内容以外は。まったく便利な世の中になったものです、と今更ながら思います。メールやWeb閲覧程度ならノートパソコン要らないんだもんなあ。M1000じゃなくても702NKでも同様ですが。とにかく、ノートパソコン背負ってモデムセーバー使ってモジュラープラグをチェックしてそれに応じて接続方法を考えて、万が一の時のためカプラーまで持参した頃を思うと夢のようです。

ただ、M1000とmopera Uの海外ローミングでは、mopera Uのメールサーバ以外ではポート25を塞がれているためそのままでは送信が出来ません。その問題を回避できるサーバなら問題ないのですが回避できない場合、受信のみが可能となります。私がメインに使っているメールサーバも正にその状況なのです。こんな時、日本国内なら送信時にはUが付かない、ただのmoperaのアクセスポイントを利用すればいいのですが、moperaは海外でのアクセスはできないようでこの方法もダメなのです。結局、送信にはmopera Uのsmtpサーバを使用しましたが、M1000のメールソフトにはreply toの機能もないため、「このメールには返信してくれるな、いつものアドレスに返信してくれ」とお願いしなくちゃいけません。それを見落としてreplyしてくる人もいると思うので何かうまい方法があるといいのですが。ってか手っ取り早いのはreply toが使えるMailerに変えるとかなんだろうけど。

|

« 702NK とDTAC | トップページ | 702NK Nokia Music Playerその後 »

M1000」カテゴリの記事

海外ローミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7524/6532925

この記事へのトラックバック一覧です: M1000 海外ローミングでのmoperaU:

« 702NK とDTAC | トップページ | 702NK Nokia Music Playerその後 »