« OPERA 8.5 | トップページ | 記事の意図 [update] »

2005.11.16

SkypeOutしてみた

Skype(*1)は、現状ではけっして敷居が高いわけじゃないと思うけど、ふつーの一般人(パソコンは使えるだけ、使いこなせているわけじゃないような人)には、まだまだSkype? 何それ? な世界だと思います。そういう人に対してはSkypeのセットアップしてあげて使い方を説明して、なあんてことをしないとSkypeユーザ同士の無料通話ってわけには行かないのでは?と思います。やはり、Skypeを便利に使っているのはやはり海外在住とか国際電話を頻繁にする人ですかね? とか思っていたりするのだけど(=必要にも迫られますからね)、でも、SkypeOutは有料ながら、既存の電話(携帯電話やPHS)にかけられます。そして、その通信料金は日本国内宛でも安上がりになりますよね。

ということで、SkypeOutクレジットを購入してみようと思ったのだけど、10ユーロ分の購入ボタンを押すとCustomer Registrationを促すページが表示され、メールアドレスに届くはずのConfirmation codeを待って、届いた後、Submit Confirmation codeし、次の行程(支払い方法の選択等)へ進んで購入に至るわけですが、Confirmation codeが書かれたメールがなっかなか届かない。どーしたものだと思って…はっとある可能性に気づく。

私は、プロバイダ提供の迷惑メールフィルタやスパムメールブロックを利用しています。スパムメールブロックはアドレスないしドメインごと受信拒否指定するものですが、迷惑メールフィルタは、スパムメールに多く含まれるキーワードがどれくらいの頻度でメール内にあるか、によってスパムメールを判断する学習型のフィルタです。SkypeからのConfirmation codeの入ったメールはこれに引っかかっていたのですね。スパムメールブロックは完全にシャットアウトしてしまうので存在すらわからなくなりますが、迷惑メールフィルタはそれ用のフォルダに格納されます。一定の期間を経ると削除されてしまいますので危ないところでした。海外の業者から何か購入した時の確認メールとかけっこう迷惑メールと判断されがちなんですよね。

そんな思いがけない罠にハマりかけながらも、ようやく購入(*2)。おー、なるほど本当にSkypeからふつーの電話や携帯電話や京ぽんにコールできる。

(*1)
一部のSkypeエヴァンジェリストのような人が書く文章は、Skype(他同種の国際間IP電話サービス) と 既存電話会社(有線/無線問わず) + α(政府等)をまるで「善 V.S. 悪」の勧善懲悪な図式にしたてあげたがっているように私は思えて、ちょっと引き気味に読まざるを得ないことが少なくないですが。どーいう形であれ、世の大半の電話と称するものがIP電話化するのは決まったレールに思えるので、そんなに噛み付かんでもと思ったり。

(*2)
今回はskype.com/storeからの購入になりますが、同じ10ユーロ相当分でもlivedoorからの購入だと500円ばかり高くなるようなのはなぜ? 何か違うの? 上前はねられてるの? 

|

« OPERA 8.5 | トップページ | 記事の意図 [update] »

skype」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7524/7140868

この記事へのトラックバック一覧です: SkypeOutしてみた:

« OPERA 8.5 | トップページ | 記事の意図 [update] »