« W-ZERO3 無線LAN接続切替ツール | トップページ | ローミング時のMMS 勘違いしてた »

2006.01.27

easy Internet cafe

Londonでの通信はケータイでのGPRS接続、ホテルのブロードバンド回線または電話回線の他に、よく使うのがeasy Internet Cafeです。London市内には何店(*1)かあるようなんですが、私がよく使うのはピカデリーサーカスのバーガーキング内(1F/B1F)、ボンドストリート(オックスフォード通り沿い)のSUBWAYの2Fの店です。ファーストフード店にくっついたような形態で営業していますが、ファーストフード店で何か買う必要はありません。飲み物持参でもOKです。インターネットするふりしてクレジットも買わずにぼさっと座っていてもたぶん大丈夫。ただ、専用のトイレ等がない場合が多いようなので、長居するならトイレの心配をしておく必要があるかも。

券売機でクレジットを買いプリントアウトされたレシートのような紙に書かれているIDとパスワードを店内のパソコンに入力してログインすることでウェブブラウジングができます。

ピカデリーサーカスの店は券売機で買えるクレジットの最低金額が1ポンド(/30分)からですが、ボンドストリートの方は確か2ポンド(/1時間)です。お釣りは出ません。この差がどういうことなのか、券売機によるのか店の方針なのか解りませんけど。購入したクレジットの有効期限等は紙に書かれていますけど、購入した店でしか使えない事が多いので注意が必要です。ちょっとだけ使いたい時にはクレジットを買う前に空いてるパソコンの周りを見回してみましょう。残高のあるクレジットがよく放置されています。ログアウトせずに帰る人も意外と多く、そのまま使っちゃったりよくしました。

日本語のページを開くと必要なフォント類のダウンロードが始まるので日本語のサイトの閲覧は問題ありません。でも、Webブラウザしか使えませんからメールもWebメールで見る必要があります。(ログアウトするとマシンがリブートされるので他人にキャッシュを覗かれるということもたぶんなさそうです)

(*1)
英国以外でも欧州各国、米国等にもあるようです。イタリア・ローマのバルベリーニ広場に面したeasy Internet Cafeでは、はじの席のいくつかにイーサケーブルだけがあり、ノートパソコンの持ち込みが許されていましたが(2003年)、今でもそうなのかわかりません。

|

« W-ZERO3 無線LAN接続切替ツール | トップページ | ローミング時のMMS 勘違いしてた »

番外編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7524/8368642

この記事へのトラックバック一覧です: easy Internet cafe:

« W-ZERO3 無線LAN接続切替ツール | トップページ | ローミング時のMMS 勘違いしてた »