« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006.04.30

s60 日本語環境その後

ということで、すでに皆さんご承知でしょう。ようするに、これ↓
Psiloc’s Japanese Localization for Series 60 devices!
なんですが、

しまったあ〜! s60デバイスは、702NK/702NK IIしか持ってないっ。すでに日本語環境持っているじゃんっ。いろいろ、先駆者の方々の書かれたものから、英語圏(?欧州圏?)で販売されたデバイス以外では、フォント関連で何やら動作が異なる場合がチラホラあるように見受けられる。うーん、欧州からN70でも取り寄せか? しかし、M600iやP990待ちな状況(でも、UIQだし)でもあり、N72/73等もあり(s60だけど現時点ではサポート外のバージョン?)ちょっと微妙でもある。

なわけで、手持ちの702NKに入れてみたり。認証ないので、ツールでほぐして手動インストール(転送)。そして、結果。とりあえず、うーんと動かないようです。ってか動いてる風でもありますが、切り替わりません。以下、702NKでのスクリーンショットです。
Japanese
インストール後、メニューにはむろんアイコンが表示されている。






Logoscreenアイコンをクリックすれば、ロゴを表示して起動する。オプション > Enable Japanese、を選ぶとリスタートするかと訊かれ、リスタートすると....実は途中でハングアップしているようでもあった。ちょっと長目に待ってみたけど状況が変わらないので、電源スイッチも効かないので強制バッテリ排除の刑に処し再起動。(追記: リスタートが正常の時でも動作の状態は変わらず)

Disable
この画面では、Disable Japaneseの切り替えが表示されているから、つまり今はEnable Japaneseな状態?







FepFEP自体は、702NKに元から入ってるものが生きている状態。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.29

s60 日本語環境

s60関連ですごいニュースが駆けめぐってるみたいですね。私も遅ればせながら追跡してみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.22

ご案内

しばらくの間、コメント・トラックバックをいただいても表示には即座に反映されません。へんなトラバが多いことがあるので、当面の対策です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

s60が好き

例のドコモのなんとか氏の発言をめぐっての話で、ものすごくドコモに好意的に、そしてノキアを一種悪者化した解釈を展開してる人がいた。ちょっと、びっくり。まあ、その解釈が正しくてもドコモの非そのものは揺るがないと思うのだが、その解釈を展開している人は気づいているのかどうか。(あえてリンクもトラックバックもしません、すいません)

ってなことは今はもうどうでもいいことです。そのぺーじの冒頭にどちらの味方でもない、みたいな前置きがあったので、ふと考えてみた。私は、Nokiaのファンなんだろうか? DoCoMoのファンではないのは間違いないけど(どちらかと言うと嫌いだし。でも、気の利いたサービスがあることは認めている)。

このブログは、Nokiaの名を冠に掲げているけど、私はNokiaのファンではないと思う。Nokiaの端末デザインには少なからず何がしかの文句がある。どれとはあえて書かないけど野暮ったいデザインもけっこうあると思う。端末の形そのものは何度か書いているが、Ericsson系のデザインの方が好きだ。Ericssonに比べるとNokiaのデザインは弄りすぎのところがあると思う。

でも、それでも、Nokiaを使い続けるかもしれない。それは、s60に慣れてしまったからだ。s60のUIから離れることは考えられない。国内キャリアのWindowsMobileベースのケータイが出てきても、それはきっと入手したりするだろうけど、s60の方が私には合っている。

すなわち、SonyEricssonからs60な端末が出るといいのだが、出るのは同じSymbianでもUIQな端末ですよねえ。UIQでも、まあいいんだけども。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.21

インターネット利用重視端末

ソフトバンク、第3世代携帯の基地局1.5倍に...NIKKEI NET 企業ニュースより

この記事によると、2007年3月期に2500億円を投資、3Gの基地局を1.5倍にすると書かれている他、年内にインターネット利用を重視した携帯電話端末も発売、と書かれている。

おりしも、昨日(4/20)、NHKのクローズアップ現代ではケータイの進化と題して番号ポータビリティを前にしての携帯電話会社各社の取り組みを取材していた。そこで流れた映像、ソフトバンクの会議の風景では、さまざまなデザインのモックアップらしきものを前にしていたのだが、キーボード付きの、Clie UX50程の大きさだろうか? 開き方もUX50とかリナザウとかHST Universal系のもの等も映ってた。

やっぱ、WindowsMobile機ですかね。黙して待ちましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.20

大胆に語る(笑)

ここで書くことは、とくに根拠があるわけでもなく、謀略的に妄想してみたものです。

-----------------------------------

つまるところ、日本の携帯電話メーカーが海外でよく売れるより不振であった方が都合がいいと考えているのではないか? > 日本の既存キャリア

日本では、承知の通り、キャリア主導で端末開発が行われる。仕様は、一部キャリアを除けば独自仕様である。日本国内で売れまくってても、世界の市場と比べれば日本の市場は小さい。もし、世界でシェアを競えるような携帯電話メーカーになれたとすると、自ら主導で開発できないわ、パイは小さいわ、で美味しくない日本市場となったら、「キャリアの言うことなんか聞いてられっかよ、うるせえから日本仕様の端末開発なんかやめまっさー」ってことになったりしないだろうか。

海外で不振だったら、日本国内で頑張るしかない。キャリアへのお伺いも我慢することになるだろう。

海外調達端末がイマイチ魅力的ではないラインナップなのは(あるいはあえて魅力的機能を排除してしまう)、低価格端末をラインナップに欲しいという理由はこじつけで、「海外メーカーでは日本市場はダメだから、日本の市場はあんたら日本メーカー次第ですわぁ」なんてなこといって日本市場に縛っておくための方便に利用するためでは? と勘ぐってみたくもなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.19

コメントするに値せず

だから、リンクだけ。

http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/28811.html

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.04.14

孫社長

そいでもって、

メールアドレス継続使用既存サービスの継続、そして端末のラインナップインフラ拡充は一気に進めたいらしい。

孫嫌い、Softbank嫌いな人が益々いろいろ言いそうでもあるが。

NIKKEI NETの記事
産経Webの記事
IT Media +Dの記事
ボーダフォンにはpdfの報道資料があります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Nokiaからテーマのプレゼント

Orchid702NK II/6680のユーザー登録をした人にもれなくテーマのプレゼントだそうです。登録ユーザーには、メールでダウンロードするためのURLを知らせてきます。ダウンロードしたファイルはsisなファイルです。当たり前ですが、認証があるので、そのままインストールできます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.04.11

兄弟? 似て非なる...

Skypefone左は、V600i。右は、香港国際空港で購入したUSB接続のIP Phoneハンドセット(Skype使用可)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

W-ZERO3 モバイルクルーザー

FilcoPSP用のUSB充電ケーブルにモバイルクルーザーなるUSB-AC Adaptorを付けるとコンパクトで持ち運びに便利なACアダプタになりました。んでも、どーやらモバイルクルーザー for W-ZERO3ってのもあんのね。USB端子には挿せない、AC直結みたいだけど。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

803TとTX60

Tx60ボーダフォンの803Tは、海外モデル(香港とか)としてTX60の名でも販売されているようですが、ふと気づいたことがある。ボーダフォンの803Tはマニュアルにも記載されているのだけど、Java実行環境はあるのだけど実際にはVアプリ以外のインストールはできません。TX60にはそんな制限付いていないのでしょうね?(憶測) そして、unlockできるようになったらしい803T。このVアプリのみ制限は、どうなっているのであろう? 単純にunlockしただけなら、この制限はそのままだとも思うのだけど。
803tvapp

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.04.10

M1000 Unlock可能に?

M1000のUnlockが可能になったという話がある。基盤出してビリリっとやってUnlockする方式らしい。

お! と一瞬思ったが、M1000の使用に関してはDoCoMoのデータ通信専用のパケットプラスで満足しているし、海外SIMをこれで使う気はないし、ましてやわざわざボーダフォンSIMで使おうとは思わない。んなら、Unlockの必要はないな、ってことで。どっちかというと手持ちの803TをUnlockする方がいいかな。日本語が使えて海外SIMの使用が可能な手持ちは、802SEと7600しかないからな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

W-ZERO3 まもるくんとPSP用USB充電ケーブル

Mamorukun携帯電話の人気機種には大抵対応している携帯電話カバーまもるくんのW-ZERO3用を装着。最初は赤が欲しかったのだけど在庫切れでガンメタブルーに。でも、これで良かった。案外かわいい。より分厚くなっちゃうのがイヤだけど(怒)

UsebbatchgUSB充電ケーブル。PSP用らしいけど、DC電源の端子はW-ZERO3も同じらしく充電できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.02

ボーダフォン・ローミング時のデータ通信料を統一

ちゃんとしたアナウンスあったのかなかったのか、わかりませんが(*1)、ケータイWatchの記事で知りました。4/1より、国際ローミング時のデータ通信料金が、2円/1KBytesに統一された(る)そうです。加えて、一部であったアクセスごとのミニマムチャージも廃止だそうです。すなわち、常に1KBytes単位に2円課金されるというシンプルなものになったわけです。1KBytes単位で切り上げられるから、小刻みな接続・切断は割高を生むけど、うまくデータ量をこなせれば国内パケ割なし状態よりちょっとだけ高い、けどべらぼうに高いわけでもない(*2)とも言えるので使い易くはなりましたね。

気を付けたいのは、これはデータ通信の料金(*3)であり、ボーダフォンライブ!のパケット料金の話ではないことです。すなわち、MMS送受信の課金対象分/VF JP WEBを経由してのWebブラウジングは、5円/1KBytesで10KBytesまで100円のミニマムチャージが(一部で150円のミニマムチャージ)かかります。

ケータイWatchの記事

(*1)
ボーダフォンのサイトに行っても特にアナウンスしてた形跡ないし、ローミングサービスの料金のところでチェックすると初めて書いてある。なんで、トップでアナウンスしておかないんだ? データ通信のみでローミング時のボーダフォンライブ!の課金と誤解されたくないからか?(図星?)

(*2)
よく、以前から、ローミング時のパケット料金はボる、みたいな表現をする人を見かけますけど私はそれって、パケ割り適用がないからその分高くなるのは別として、課金の単位の差によって生じる割高感(=例えば1パケット128Bytesのみの通信なら国内では0.2円で済むところをローミング時では2円、ミニマムチャージがある場合は100円になる。つまり10倍~500倍!のコスト差)から来る過剰反応だと思ってました。データ通信の方だけだけどミニマムチャージ廃止と1KBytes単位課金に統一されたことで多少、そういった誤解を生み易い表現が減るといいなあと思います。

(*3)
VF JP Internetのアクセスポイント経由のアクセス、ってことですよね?つまり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »