« s60 日本語環境 | トップページ | W-ZERO3 と DD »

2006.04.30

s60 日本語環境その後

ということで、すでに皆さんご承知でしょう。ようするに、これ↓
Psiloc’s Japanese Localization for Series 60 devices!
なんですが、

しまったあ〜! s60デバイスは、702NK/702NK IIしか持ってないっ。すでに日本語環境持っているじゃんっ。いろいろ、先駆者の方々の書かれたものから、英語圏(?欧州圏?)で販売されたデバイス以外では、フォント関連で何やら動作が異なる場合がチラホラあるように見受けられる。うーん、欧州からN70でも取り寄せか? しかし、M600iやP990待ちな状況(でも、UIQだし)でもあり、N72/73等もあり(s60だけど現時点ではサポート外のバージョン?)ちょっと微妙でもある。

なわけで、手持ちの702NKに入れてみたり。認証ないので、ツールでほぐして手動インストール(転送)。そして、結果。とりあえず、うーんと動かないようです。ってか動いてる風でもありますが、切り替わりません。以下、702NKでのスクリーンショットです。
Japanese
インストール後、メニューにはむろんアイコンが表示されている。






Logoscreenアイコンをクリックすれば、ロゴを表示して起動する。オプション > Enable Japanese、を選ぶとリスタートするかと訊かれ、リスタートすると....実は途中でハングアップしているようでもあった。ちょっと長目に待ってみたけど状況が変わらないので、電源スイッチも効かないので強制バッテリ排除の刑に処し再起動。(追記: リスタートが正常の時でも動作の状態は変わらず)

Disable
この画面では、Disable Japaneseの切り替えが表示されているから、つまり今はEnable Japaneseな状態?







FepFEP自体は、702NKに元から入ってるものが生きている状態。

|

« s60 日本語環境 | トップページ | W-ZERO3 と DD »

その他ニュース」カテゴリの記事

ソフトウェア」カテゴリの記事

コメント

「Enable Japaneseな状態」だと、メモやら新規SMSやらの入力画面でOptionを押すと「Enable Hiragana」「Enable Katakana」が出てくるのですよ。ちゅーことで、動いてはいない状態、なのかも。

日本向け端末はフォントファイル名が英文端末とは異なるので、そのあたりでもEnableにならないかも。ってか、日本端末のフォント名を判断して「これは日本語端末だから、インストールしたらすぐにEnableモードに」なんてことやってたら頭良いですね。

投稿: Y氏 | 2006.05.01 23:51

なるほどー。

Option(オプション)を押しても、従来と変わらないメニュー内容のままですねー。やっぱりEnableにはなっていないようです。

まあ、最初のバージョンだし、これから始まる(=バージョンアップが続く)のであれば、世に出たことそのものでも大いに意義があるし。

投稿: kaeruco | 2006.05.02 08:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7524/9826463

この記事へのトラックバック一覧です: s60 日本語環境その後:

« s60 日本語環境 | トップページ | W-ZERO3 と DD »