« s60 日本語環境その後 | トップページ | Newton MessagePad 温故知新 »

2006.05.08

W-ZERO3 と DD

W03inmac今月からWillcom回線をまた導入(*1)している。M1000で使用していたmopera Uの仕様による制限(*2)をよく忘れてしまっていてハマることがあるのだけど、それでめんどくさくなってしまい、M1000の代わりにW-ZERO3にしようか(*3)と。ロケフリTVするために常時携行し始めていたこともあるので。しかし、W-ZERO3では、Macに繋いでモデムとして使うことはサポートされていない(=すでに何方かがドライバを開発して使えるようになっているのかもしれませんけど、私は知りません)。
Ddなわけで、DDならMacもサポートされるので、回線(W-SIM)付きのDDを購入。普段、W-SIMはW-ZERO3に挿して使用。Powerbookで使用したい時にはDDに挿し直すということになります。W-ZERO3にまもるくんを装着しているとW-SIMの脱着がめんどくさいけど。

(*1)
ウィルコム定額プランにデータ定額で契約。うーん年契約必須プランだけど。
(*2)
mopera Uのアクセスポイントで接続していると、mopera Uのメールサーバ以外のメールサーバからメールを送る事が出来ない。回避法はあるが、私の使用しているサーバでは回避できない。このことをよく忘れてメールが送信できねー、何故だ? とハマってしまう。M1000経由でメール送信することがあまりないせいでもあるけど。
(*3)
でも、W-ZERO3を代わりに使い始めたら、やっぱりM1000の良さを再発見。片手で持ったまま片手で操作できるのがなんといっても魅力。W-ZERO3は大きいし操作体系からも両手で操作したくなる。また、回線速度も×4でも128Kなわけだからw-cdmaよりやっぱ遅いしね。

|

« s60 日本語環境その後 | トップページ | Newton MessagePad 温故知新 »

W-ZERO3」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7524/9959811

この記事へのトラックバック一覧です: W-ZERO3 と DD:

« s60 日本語環境その後 | トップページ | Newton MessagePad 温故知新 »