« 携帯電話を海外で使えるように改造して販売 | トップページ | 7600 純正スリーブが新宿東急ハンズで在庫処分 »

2006.08.26

P990i Amigaっぽい?

ZuribeforeZuriafterUIQの前バージョンで動いているM1000ではこんなことできなかったと思うが、P990iではこんなことができます。左のキャプチャ画面の上をタップしてドラグすると画面がずり下がり、右のキャプチャ画面のように下(背面)の画面が見えるんですね。全ての画面で有効というわけではないようでこの例みたいに画面的に親子関係(?)がある場合にできたりします(背面にある画面が親、手前が子の関係)。

WorkbenchDeluxepaintそれで思い出すのが、今は亡きAMIGAのOS(というかShellですが)のWorkbench。画面上部のメニューバーをドラグすると背面に追いやられているタスクの画面を覗きみることができるのです。青い画面がWorkbench 1.3で黒っぽい画面がDeluxePaint IVです。それぞれ背面/前面にしてみています。

雑に撮った写真で恐縮ですが、このブログのためにずいぶんと久々にAMIGA 500plus(PAL仕様)に火を入れてみたらちゃんと動きました。しかし、けっこうショートカットキーを忘れている。リブートがCtrl + Left AMIGA(key) + Right AMIGA(key)というのはコントロールアミアミで覚えていましたが、タスク画面の切り替えは忘れていた。あと、このAMIGA 500PlusはKickStart ROM 1.3と2.04の両方を載せてあるんで、マウスボタンをどうにかしてリブートすると2.04で起動できるようになっているんですが、そのマウスボタンをどうするのか忘れている。左右のボタンを押しっぱなしでリブートだったろうか。

|

« 携帯電話を海外で使えるように改造して販売 | トップページ | 7600 純正スリーブが新宿東急ハンズで在庫処分 »

P990i」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7524/11614338

この記事へのトラックバック一覧です: P990i Amigaっぽい?:

« 携帯電話を海外で使えるように改造して販売 | トップページ | 7600 純正スリーブが新宿東急ハンズで在庫処分 »