« P990i 日本語化のまとめ | トップページ | P990 M-FEPのテスト »

2006.12.08

P990i Crystal JapaneseとOpera MINIの関係

私は、P990iではOpera MINIを愛用しています。主な理由としてはフリップクローズ状態でも使えるからです。ただ、P990iでは何かの拍子にOpera MINIが起動しなくなります。P990iに実装されているMIDlet環境の問題かと思いますが、Opera MINIが起動できなくなってもKKJConvは起動できたりします。よくわかりません。

で、とにかくこの問題は以前からあることでしたが、ふと気づくとOpera MINIが起動できなくなる頻度がこのところ異常に高くなっているのです。一度、起動して終了しばらくして起動しようとするともうできない。起動できなくなると端末の再起動しか手がありません。都度、再起動も億劫だしバッテリの浪費にも繋がります。とりあえず、標準のWebを使ったりしていましたが、このところの起動できなくなる頻度の原因というか因果関係がなんとなくわかってきました。Crystal Japaneseです。

またか、と思われる人もいるのではないでしょうかね。どうも、Crystal JapaneseをHandwritingに指定しておくといつのまにかOpera MINIの起動不能を招いてしまう確率が高いのです。HandwritingをM-FEPに替えておくと(*1)、Opera MINI起動不能状態はあまり出なくなります。というか、今もまさに追試中ですがまだ起動不能になっていません。Crystal JapaneseをDisableにせずEnableのまま、Handwritingを他にしておくだけでもいいようです。Virtual KeyboardやFlip closed keypadがCrystal Japaneseのままでも効力はあるようですが、端末が少々不安定になるようです(メモリが徐々に逼迫していく感じ。いろいろ操作しているとそのうち再起動し起動後、その旨を告げるメッセージを出す(*2))。

そんなこんなで、何かで直接入力がしたい時用にCrystal JapaneseをEnableにしつつHandwritingはM-FEPに、Vitual keyboardやFlip closed keypad(M-FEP対応版アップロード待ち?)はそれぞれstandard、Multi-tap/predictionにしておく。必要に応じCrystal Japaneseに切り替える方式で行こうと思ってます。


(*1)
Crystal Japaneseを使用してから切り替えても同じなのか、は未だよくわかりません。
[追記]
あー、やっぱりHandwritingをM-FEPからCrystal Japaneseに切替えて使用後、M-FEPに戻すとエラーを出して続々とアプリが終了して行き、やがて落ちてしまう。再起動なしの併用は無理か? そんな中、M-FEPでの直接入力の可能性が!
(*2)
Crystal Japaneseのインストール後、再起動が頻発するってのはこの状態? でも、いきなり、って感じじゃなくて何かを終了させ直後に何かを起動、操作みたいなタイミングで、「来るな? ほら、来たぁ」って感じで予測が付く感じです。

|

« P990i 日本語化のまとめ | トップページ | P990 M-FEPのテスト »

P990i」カテゴリの記事

ソフトウェア」カテゴリの記事

コメント

てすとテスト試験。OperaMINI + M-FEPで直接入力できるようになりました。すごい。すばらしい

投稿: kaeruco | 2006.12.09 14:18

今度はテンキー版です。ふむふむ、コチラも入力できますね。スバラシイ。

[注意事項]
直接入力を可能とするには各デバイス(IMEI)に対して許可されたPhone Manufacturer Approved DevCertが必要なため、このバージョンのM-FEPの配布は制限されており現在1次テスターにのみが対象になっています。

投稿: kaeruco | 2006.12.09 14:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7524/12983272

この記事へのトラックバック一覧です: P990i Crystal JapaneseとOpera MINIの関係:

« P990i 日本語化のまとめ | トップページ | P990 M-FEPのテスト »