« P990 M-FEPのテスト | トップページ | P990i TUBE 2 »

2006.12.11

P990i M-FEP310(All-Tcb)来る! ~Crystal Japaneseを捨てる日~

ま~さんが従来から開発されているM-FEP3ですがAll-Tcbの取得によりケイパビリティの問題で使用できなかったアプリ(例えば、Messenger(メールソフト)やWeb(ブラウザ)、OperaMINI、Contacts(電話帳)、Calender、Task)でも使えるよう[注]になりました。

先日からテスト使用させていただいてますが、非常に快適です。変換効率も現時点でさえCrysgalJapanese以上だし、eSKK入力を使えばより効率のいい変換結果を得ることが出来ます。CrystalJapaneseで多発するOperaMINIの起動不能状態もM-FEPではほぼ意識することなく、たいていは起動できてます(ってか、あれから起動不能状態に遭遇していない)。Flip closedでの、つまり10キーでの日本語入力モードも用意されているので日本的ケータイ入力も出来ます。

Contacts(電話帳)等で若干、使用法に工夫が要る場面がありますが、私の用法としては今の状態でも無問題です。現在のバージョンでも、もはやCrystalJapaneseは要りません(レジストしてるけど。レジストしたことは後悔していないけど)。まったくありがたいことです(ま~さんに感謝です)。それに日本語環境はやはり開発者が日本語ネイティブじゃないとね、ってことでしょうか。

DIGIらいふ分室(仮)

[注]
直接入力を可能とするには各デバイス(IMEI)に対して許可されたPhone Manufacturer Approved DevCertが必要なため、このバージョンのM-FEPの配布は制限されており現在は1次テスターのみが対象になっています。

|

« P990 M-FEPのテスト | トップページ | P990i TUBE 2 »

P990i」カテゴリの記事

ソフトウェア」カテゴリの記事

コメント

ども~ご紹介ありがとうございます。
確かにFEPの開発者はネイティブスピーカーじゃないと難しいものがあると思います。
自分が中文やアラビア語のFEPを開発したとしても気の利いたものを作る自信はまったくありませんし。
ただあの価格は少々ボり過ぎかなと(笑)(半分はフォントの版権分か?)。
ってCrystalの中の人がネイティブJapaneseだったらどうしよう…;

とりあえず当面は全バージョンを調整しつつ、不特定多数のユーザーに提供できるようにSymbianSigned取得する方法をがんばって探します(^^;。

投稿: ま~ | 2006.12.11 16:36

正直、M-FEPがさまざまなアプリで直接入力できるようになったせいかE61日本語版を冷静に見ていられます(微笑)。P990iが良いのはふつーのケータイのようにも使えるからだと思ってるせいでもありますが(私はFlip Closedで使う局面が実は多いのです)。

Crystal Japaneseの中の人が日本語ネイティブスピーカーじゃないと決めつけてましたけど、そうですね、本当のことはわかんないですね。少々、過激なタイトルつけちゃってるけどCrystal Japaneseは実際にはアンインストールしてはいないのでCrystal Japaneseの中の人も頑張って欲しいです。

投稿: kaeruco | 2006.12.11 16:52

kaerucoさん、トラックバックありがとうございました。
現状はどうか分かりませんが、S80版のβテスタを某氏がしていた時は全く日本語を解する人はいなかったそうです。
現在も状況はあまり変わりないのではないでしょうか?ネイティブな人の協力はあるかもしれませんが、そもそも作っている人が理解できないと、進化は難しいですから。でもUIQ3版はちゃんと送り仮名対応していて驚きました。

投稿: ピードラ | 2006.12.11 20:08

もし、日本語を解する中の人が全くいないのだったら、それはそれでよくここまで、という事なのかもしれませんね。

投稿: kaeruco | 2006.12.11 20:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7524/13026889

この記事へのトラックバック一覧です: P990i M-FEP310(All-Tcb)来る! ~Crystal Japaneseを捨てる日~:

« P990 M-FEPのテスト | トップページ | P990i TUBE 2 »