« Selfridges LondonのVERTUコーナー | トップページ | 追悼 »

2009.07.09

IBIZAとeasyJetとroundabout

IbizacoastIbizapachaロンドンからスペインのイビサ島へ行きました。地中海に浮かぶ島であります。スペインは初めてだったんだけど、ロンドンからだとスペイン入国のスタンプとか押されないのね?パスポートのチェックも「ああ、持ってるね」程度の流し見だったし。ロンドンからは2時間ちょっとの行程でしたが、暑いってか日差しが強いわ。イビサっていうとビーチとクラブなんだそうです(ほんとか?)。宿泊したホテルの特典で同じ経営の有名どころクラブの無料入場ができるんで物見遊山で行きました。その夜は音楽的にはあまり好みではなかったけど、まあ楽しかったです。



IbizarentabikeRoundaboutイビサは足がないとけっこう不便って話で、出来ればレンタカーの予約しておいた方がいいってことだったんだけど、海外で運転した事ないから現地で状況見てからどうするか考えるとして国際免許(国外運転免許)は取得しておいた。で到着は夜だったのでそのまま熟睡。朝ごはん食べてる時にとりあえずバイクを借りてみよう、ってことでホテルフロントで頼んでレインタルバイク屋に迎えに来てもらいSYM(台湾製やね。スペインなんだからDERBI辺りがあると良かったんだけど)の125cc スクーターを借りました。普段乗ってるマジェスティーCの半分の排気量だけど、なんかスロットルが重い感じがした。2ケツだとちょっとパワー的には不足気味かな。街中を走る分には問題なかったけど。で、ラウンドアバウトです。これはサークル状になった交差点の分岐で、右側通行のスペインでは左から来る車両が優先で、周回中は内側が優先なのかな?時計と反対回りになるから、先に周回している方が優先。つまりラウンドアバウトに入る時は左から来る方が優先になります。出る時は出たいタイミングに合わせて右に方向指示器出して出る。 これ、最初はどうかな?と思ったけど、良いです。土地勘のない人にはやり直しのチャンスになるのです。「あ、さっきのとこ曲がるんだった!」と通り過ぎても慌てることはありません。ラウンドアバウトがあったら、そこでくるりと半周して今来た道を戻ればいいんです。日本みたいにUターン禁止かどうか?とか右折右折で戻って逆方向に、みたいなことを考えなくてもいいんです。大規模なラウンドアバウト(パリの凱旋門のところとかね)やベトナム・ホーチミンのベンタインマーケットんとことかだとどうだかわかんないけど。

だいたいね、まともな地図がないのよ。なかなか一直線に目的地には付けないし、イビサ(イビサタウン)では駐車スペースの問題もありそうで、バイクにしたのは結果大正解でしたが、も少し遠出の場合は四輪借りるんでも大丈夫そう。四輪はナビ付きだって話もあるし。でも、迎えに来てくれたレンタルバイク屋のおっちゃんもラリって右左にふらつくクルマあっから気をつけろよ、とは言ってましたが。EasyjetEasyjetkinaiで、easyJet。ローコストキャリアは10年程前に一度、それと知らずにSouthWestに乗ったことがあります。座席指定がないとはしらずにチェックインがけっこう早かったのに(チェックイン時に渡されるプラスチックの板の色で搭乗順が決まる)、最後に搭乗するハメになったのを覚えてますが、easyJetも座席指定がありません。チェックイン時にグループAとかグループBとかボーディングパスに記載されます。Aから搭乗が始まってB,Cとアナウンスがあったら搭乗できるわけです。席は早い者勝ちです。行きも帰りもなんとかグループBでそこそこ好みの席には座れました。で、イビサはまあバカンスの島なわけです。で、easyJetはローコストキャリア(=欧州各都市からのイビサ行きの多くはローコストキャリアらしい)なわけです。なんかね、夏休みに新島に向かうフェリー(=そんな船に乗った事ないのだけど、そういうイメージ)のような雰囲気なわけです。みんな浮かれちゃって騒いじゃって。
Fishcarイビサは今、スシが流行ってるって? そのためか、こんなクルマもいます。

|

« Selfridges LondonのVERTUコーナー | トップページ | 追悼 »

番外編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7524/45584438

この記事へのトラックバック一覧です: IBIZAとeasyJetとroundabout:

« Selfridges LondonのVERTUコーナー | トップページ | 追悼 »