« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010.01.30

黙祷す

そういえば、サリンジャーが逝っちゃいましたね。パナナフィッシュがどうしたこうしたの短編は読んだことないけれど。ライ麦畑....しか読んでないかもしれないけど。吉田秋生の、サリンジャーの短編タイトルからのコードネームのバナナフィッシュに最近触れたってのも何かの縁ってことで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.29

元々カラーじゃないと流行らないとは思っていた

Ipadfujitsu_4


電子ブックリーダーのことです。iPadの名で出てきましたね巨大なiPhoneともiPod touchともつかないものが。

これが電子ブックリーダーとしていいのかどうか正直わかりません。ただ、kindle(*1)のようなものは学術書や日本的には文庫本のような文字情報だけ、ないし少々のカラーを必須としない図版付きのものの閲覧には適していると思ってました。そして、いわゆる雑誌、グラフ誌を持ってこれないことにはある程度で頭打ちになるだろう。本格普及にはカラー化しない限りムリだ、とも。

iPadのカラー表示はkindle等の電子インクと違い、ようは単なるカラー液晶。しかし、電子インクのカラー化がまだまだなので現実的な選択ということでしょう。iPhoneをベースにしたOSなので、単純なページ送りをする電子ブックというより、かつてカラーMacが出始めた頃に流行ったエデュテイメント(教育+ エンターテインメント)ソフトみたいな動く絵本的なもの辺りが早晩、出てきそうな気がします。kindleは成功しAmazonの狙った電子ブック市場は大きくなってきてるとのこと。でも、iPadの狙ってる電子ブック市場はそことは違う気がします(Kindleの市場も内包はしてるだろうけど)。画面サイズ拡大により閲覧性アップさせたことでiPhone/iPod touchのアプリケーション・コンテンツから、色々な可能性が拡大されました。従来の電子ブックは紙からデバイスに変わっただけですが、それだけではないメディアスタイルになる可能性があると思います(以前から、iPhoneはメディアとしての側面があると考えてました=ユニクロやCHANEL等が自社ないし製品のレビュー用にアプリを供給するとかはそういう一面)。印刷・製本がなく、配本も容易いメディアは出版コストが低く予算の大半をコンテンツ制作そのものに割くことが出来ます。紙メディアでは高コストから採算が取れそうもない企画も電子メディアなら実現(*3)できるかもしれないのです(*2)。

しかし、このiPadは電子ブックリーダーとして見るならば、やっぱり過渡的なデバイスとも思いますね。カラー化した電子インクなデバイス。そして、大画面且つフレキシブルな、紙のように丸められるような表示画面を持つ、可搬性の高いデバイスが電子ブックリーダーの本命だと思います。

ところで、ちょっと動画見ただけだけど、iPadのページ捲りの画面エフェクトはFlip viewerを思い出しました。あれって今はどうなってるんだろう?確かあれはデータそのものはFlashがベースだったが。

(*1)
iPadの発表以後、なんかkindleが欲しいような気がしてきた。

(*2)
そんなこと言いつつ、とりあえずあまり欲しくない。デカいの好きじゃない。

[追記]
ハードウェアとして新しい試みでもないkindleよりは高いし。当たるかどうかはコンテンツと供給システム、それと価格次第だと思う。システムとしてはiTunesの成功例があるのでそれはまあイケるんでしょうね。日本はわからん。

(*3)
こういう可能性を語れるのは誤解(*4)を恐れずに書くとやったのが「Apple」だから。他のメーカーが同じ事をやってもここまでの注目はないだろう。皆んなが注目するから一気に走れるんだし、それについて来る会社がそれなりの数出てこないと成功はムズカシイんだろうと思う。Appleのブランド力があるからなんでしょうな。

(*4)
信者だ、とかね。AppleとかiPhoneに限らないんだけど、信者が、とか信者は嫌いだ、とか言ってる人も時々、何かの信者っぽいよ(アンチという信者とかね)。と言いたくなる。大抵は黙ってるけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.24

LG neonはタッチパネル付き?

at&tのLG neonですが、ふと気づきました。これ、テンキーモードだけタッチUIになっていると。他のメニュー操作等では画面タッチは無効です。テンキーを画面に表示させた時だけ、タッチUIになってます。
へんなの。Lgneontouchkey

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.14

NY: グランドセントラルとバナナフィッシュ

今回泊まったホテルがグランドセントラル駅近くだった。グランドセントラルといえば吉田秋生のNYを舞台にしたマンガ「バナナフィッシュ」の中でアッシュ・リンクスとマックス・ロボがオイスターを食いに行くOyster bar & Restaurant(*1)のあるところだ。せっかくだから滞在中に行こうかと思ったのだけども、腹の減り具合のタイミングが悪く結局行かなかった。ちょっとググ(Google)ってみると皆さん、けっこういらっしゃってるようで。いつになるかわからないけど、まあまた行った時に。

(*1)
小学館文庫全11巻(Another Storyのヤツ除く)構成の4巻目P263参照。今もほぼこんな店。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.12

NY: ジュリアーニと地下鉄

初めてNYへ行ったのは90年だったか91年、前回は94年の...半袖で大丈夫な季節だったはず。初めての時でもNYの地下鉄はもうラクガキが消されていたけども、私の中のNYのイメージは映画ウォーリアーズやタクシードライバーだったりしてた。まともな英語も喋れない旅行者の日本人が立ち回れる先なんてたいしたことなくて、そういうダーティーな場面を目にすることはなかったけど、当時NYに在住だった人には夜出歩くな、とか知らない路地入るな、とか地下鉄は人が多くいるところで待て、とかリバーサイドは治安が悪いので近づくな、とか言われたのを思い出す。

ルドルフ・ジュリアーニがNYの市長になってNYの治安回復、犯罪率の減少に努めたと聞いた。そして、NYは安全な都市になったと。ジュリアーニが市長になったのは94年の1月かららしいので前回の時には既にジュリアーニ市長だったんだね。でも、就任から数ヶ月だから、効果はまだ出てなかったんだろうな。もっとも、この時は正味2日しかNYにいなかったのでよくわからん。

そして、今回。あいかわらず、日本人旅行者の立ち回り先なんてしれてる。それでわかるはずはない。でも、以前と違うなあと思ったのは、地下鉄車両内に「ギブミー1ペニー」な人がいないこと。路上では目にしたが、地下鉄車内では一人も見なかった。以前は地下鉄乗ると必ず、車両から車両へ、コインを入れた紙コップをジャラジャラ振りながら移動する人がいた。こういうことも治安回復の例なのかな? あるいは、トークンが廃止されたこととか関係あるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.11

NY: あの場所

Nyg0p01Nyg0p02Nyg0p03


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.10

NY: その他

< 写真 上から順番に >
■ ロックフェラーセンターの展望台からダウンタウン・エンパイアステートビル方向を望む
■ ロックフェラーセンタービル下の、よく映画のシーンにもある、スケートリンク
■ グランドセントラルステーション
■ 夜のエンパイアステートビルの展望台からさらに上を見上げる。
■ そのエンパイアステートビルからの夜景
■ タイムズスクエアのノキアシアター
■ 雪のブライアントパーク
■ リバティ島と自由の女神
■ NewYearイベントを中継しているTV
■ バッテリーパークの栗鼠
■ セントラルパークの栗鼠
■ マジ寒いんだよ。外に居続けると凍えるんだよ。ハドソンリバー沿いにいるから風の冷たさが大変なレベルに。こんな気温じゃiPhoneとかケータイGPSとかでMapなんか見てらんねーんだよ。手袋外してると指先がすぐにかじかんじゃうんだよ。
■ JFKに向かう途中のハイウェイの夜明け
■ JFK terminal 7にあったBestBuyのVender
■ 帰国便の窓の外




Nyrockftop





Nyskate





Nygrandcentralst





Nyempiretop





Nyempiretopyakei





Nynokiatheatre





Nysnowpark





Nyleberty





Nybparkris





Nycentralparkris





Nynewyeartv





Nytoocold





Nysunrise





Nyjfkbestbuvender





Nygoodbye

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NY: トラムウェイ

今度、NYへ行く時には乗りたいなと思っていた、イーストリバーに浮かぶルーズベルト島に渡るロープウェー、トラムウェイ。
映画「仄暗い水の底から」のハリウッドリメイク版「Dark Water」の冒頭で、主人公役のジェニファー・コネリーが暗い顔で乗るヤツだ。あまりキチンと観た事ない「スパイダーマン」シリーズのどっかにも出ているらしいけど、よく知らない。
とにかく、ようやく乗れました。あんまりにも寒いので見るだけにしようかと思ったけど(15分置きの運行でルーズベルト島は住宅地のようなので寒空の中、15分待つのは辛かろうと思ったのです)、乗ってみてよかった。自分の乗って来たやつに引き続き乗れば待たないで済んだし。
クイーンズボロー橋やマンハッタンのビルをちょっと高いところから眺められるので絶景です。

日本によくあるロープウェイは大半が山の斜面に沿って登っていくものだったり、箱根大涌谷のような山と山を結んで谷を渡るものだと思うんだけど、このNYのトラムウェイは川の中州へ渡るものであるから、低いところから無理矢理高度を取って、そしてまた下降するようなロープの張り方になっているんですね。

 / ̄ ̄\
岸  川  島

こんな感じ。

Nytram01Nytram02Nytram03Nytram04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.09

NY: めしー

< 写真上から >
■ コリアタウンのソルロンタン店のソルロンタン。
■ キムチ
■ グランドセントラル駅、ダイニングコンコース内のピザ店のピザ。
■ ポップバーガーって店のハンバーガー(は右の箱の中に2つ入ってる)とホットドッグとフリット。
■ SHAKE SHACKという店のSHAKEバーガーとチーズフリット。
■ SHAKE SHACK。
Nykoreafod01
Nykoreafoof02
Nypizzia
Nypopburger

Nyshakeshankburger
Nyshakeshackshop

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NY: にくー

Nyniku01
■ にくー。








Nyniku02
■ にくー。








Nyimo
■ いもー。








Nynikumise
■ 店ー。










食いきれんかった orz
ドギーバックぷりぃず。
ちなみにこの店、小泉純一郎やらジョン・ボンジョビやらジャン・レノやらウーピー・ゴールバーグやら有名人が来ていて奥に写真が飾ってあり、たぶん、もれなく、案内される(んだと思う)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.08

E61がやってきた

E61ある人のある会社の事情のアレコレにより放出されたものです。日本語スタンダード版ではありませんでした。考えてみればE90に次ぐ、2台目のEシリーズだわ私にとって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BestBuyで買ったLGとSAMSUNG

Bricpack写真がちょっと酷いけど、ブリスターパック捨てて来ちゃったので取り直せないんでガマンを。他の写真もあまりいいとは言えないけど :-P
LgsamLG NEONがAT&Tのgophone。$99で$50のAirtime付き。SAMSUNG T401GはNET10で $70だったと思うけど$30(=300分)の通話分付き。安いすね。いずれも購入時は番号が割り当てられてないのでアクティベーションする必要がありますが、Webからもできるので英語Nativeでなくても何とかなります。AT&Tの方のアクティベーションはすぐ終わったんですけど(実際に番号が割り振られるまでは1時間程のタイムラグがありました)、NET10は何が悪かったのか途中でペンディングになっていて、結果的に丸一日かかってしまいました。でも、とにかくは開通。AT&T、NET10共にWebで管理できるようです。NET10の方はまだやってないのでわかりませんが日本のクレジットカードが使えればairtimeを買うことができます。AT&Tは別エントリーにある通り、日本のクレジットカードを用いて日本にいながらrefill Minutesができます。

Lgsamopenkeyb
廉価なプリペイドケータイなのにフルキーボード付きです。なぜだか、LGとSAMSUNGじゃ開く方向が違う。NYCではけっこうキーボード付きのケータイを見る事が多く、多くは新旧のBlackBerryですが、こういった端末も多いのですね。AT&T gophoneではSAMSUNGのストレートフルキーなモデルもあります。



Lgsamnokiopenkbあいにく、BestBuyやATA&T等のShopでもNokiaはE71x位しかなかったりで、本当はNokia6760 slideの北米モデル、Surgeがこれら廉価なTEXT messagingデバイスのライバルになるんだと思うんだけど、どんなもんやら。写真はSurgeではなく6760 slideです、もちろん。




LgsonyopenkbLG NEONとSONY mylo(初代)。NEONを見た時にmyloを連想したんだけど、比べてみるとそんなには似てなかったですね。でも、久々にmylo見たらカワイいわコレ。コレにSIM挿せたらなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.04

続・AT&Tのgophone WebのMy account初期設定(Safari/Macの場合)

先の「AT&Tのgophone WebのMy account初期設定(Safari/Macの場合)」のエントリでいただいたコメントでespanolにしても出来なかった方がいらっしゃったので、AT&Tのgophone LG GT365のpackを買ってみたついでに、またMy accountの設定に挑戦してみました。
手順的には、

● Manage Your Accountで電話番号と4桁のPIN入力
● SMSにて新しいPINが届く
● そのPINを入力すると、NewPINを自分で設定させられるので設定
● 自分で設定したNewPINでLogin
● やはり、Stats等がどうしようもない状態になっていたら、一旦logoffして
● 「Pay As You Go en Español 」を選んでログインする。

私の今回の場合、この手順で以下の画面表示になりました。

20100104a





「Estado」が選ばれていない状態ですが、その他は何故なのかDallasになってました。そのまま、Dallasを生かしておこうかと思いましたが、Estadoをどれにしていいかわからないので、

● 今滞在のホテルのNYの住所やZIPに替えて(選択とかももう出来ているわけです)、
● Borrarすると、account設定終わりです。
● LogoutしEnglishでLoginし直すと次の画面のように、



20100104b

NewYorkの住所の設定も反映されているのがわかります。
ということで、私の環境(MacBook/Safari)では言語をEspañolにする方法はまだ有効でした。でも、絶対ではないかもしれないですね。ただ、全く出来ないということでもないようですからダメ元でいろいろやってみるといいのかもしれません。困った状態ですけど。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.01.01

AT&Tのgophone WebのMy account初期設定(Safari/Macの場合)

Attsim
AT&TのプリペイドSIMを購入しました。そして、パーム飲茶さんでのこのエントリや、そこにあるリンクの電話にでんわさんのこのエントリに書かれているAT&TのプリペイドSIM gophoneを購入した際に米国滞在中にやっておく事、Webで管理できるようにしておく事、を行いました。とりあえず、Add Minutsからの日本のクレジットカードを使ってのリチャージには成功。これで日本国内からでもリチャージできるようになったと思われます。先駆者の皆様ありがとうございます。

ところが、電話にでんわさんでも触れられてますし、パーム飲茶さんではFireFoxではダメでIEにしたらできたと書かれているMy accountの設定画面でのStateやCountryが選べないという問題。持参しているパソコンはMacBookで、Safariでもできません。そして、このMacBookには他にはFireFoxしか入れてませんでした。さて、どうする?

このSIMを購入する時、念を押さなかったのでデータオプションが付いてませんでした。$19.99/100MBのプランを付けなくてもデータ通信はできますが、それなりに湯水のようにクレジットが減って行きます。何とか付けたい。店頭行かないとダメかな?と思いましたが、MacBook/SafariでもMy accountのState選択出来ない問題をクリアし設定を終了させ、Webでちゃんと各種設定やプランを購入することができました。それは、

とりあえず、言語をEspanolにする。(=それでも出来ない場合もあるようです)

私の場合では、言語をEnglishにしてるとどうしてもダメだったのですが、Espanolにしてみると選択できなかったStateやCounrtyに当地、NewYork等に設定された表示になりました。そこから設定を続けると確認場面になりMy accountの初期設定ができたようです。この後、Englishでログインしてももう大丈夫。$19.99/100MBのデータオプションを購入することも可能になりました。ふう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

あけおめことよろ

from New York.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »