« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010.06.30

米国に来ています

Freamontst数日前から米国に来ています。今は移動してLAですが最初はLas Vegasに滞在。12年前に一度来たことがあるのだけど、確か4月だったので夜は長袖、昼は日射しが強い時は半袖でも...って感じの記憶なのでしたが、この時期は最高気温が摂氏40℃前後、最低気温も27℃位。暑いです。乾燥しているのでダラダラと汗をかく訳ではないし日中でも日陰に入ると体感温度は一気に下がる感じです。写真は、フリーモントストリートエクスペリエンス。Las Vegasのルーツ的な場所であるダウンタウンのアーケードがそのままスクリーンになってます。何やらサイケな色彩の演出でした。曲もアメリカンパイ(マドンナのカバーじゃなくてオリジナルの方だと思う)。別に見た演目はビリージョエルだったけど、もっとサイケな色合いが強かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.24

iPhone4 来る

4pack01



4pack02





予約時にサーバダウン等のトラブルが世界で起きたiPhone4の発売日。なんとか当日に受け取る権利を得られたので早朝に本契約をしに行き、受け取ってきました。同梱品は従来品と同じ。















Microsim


これが噂の小さいやつ。microSIM。





Blacksims


mini SIMとmicro SIM。



Microsimtray


micro SIMトレイ。個体差かもしれないけど、これが固くて付属のピンで押してもなかなか出てこない。



Tominisim


謎(?)のmicro SIMをmini SIM化するアダプタ。これ、ちょっと厚みがあって手持ちの3GSに挿してもうまく行きませんでした。Nokia 5800XMに挿してみたらフツーにいろいろ問題なく動作。手持ちの3GSはともかく、他の端末にはどうにかできそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.22

XperiaX10: ファームアップ

もう大分経っちゃいましたけど、Xperia X10(SO-01B)のファームアップはしています。OTAでやろうと思ってたのですが、中々来ず待てずにPCでやっちゃいました。

で、その後の電池の持ち具合の違うこと。それ以前は、何もせず放置してても夕方には40%台とかかなりトホホな感じだったのが、ファームアップ後はそこそこ使ってもiPhone 3GS並には持つようになりました。PO-BOXもフリック入力可能になりましたが、好みとしてはsimejiの方がいいかな。私のメイン機は今、iPhone 3GSですが、まあXperia X10に変えても別に困らない感じです。ってか、割りと好んで使っているくらい。

iPhoneユーザが多くなって外でよく見かけるってか、必ずいるって感じになっちゃって、同じ洋服来てる人に出会っちゃった気分になりやすいから、それがイヤってのがXperiaを使ってる理由でもあったり。Xperiaもいなくはないけど、まだまだiPhoneには及ばないんで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iOS4

iOS4来ましたね。噂通り、日本時間22日午前2時だったようですね。私は4時過ぎに目が覚めたので早速、3GSに入れて見ました。一部でダウンロードに大幅な時間が掛かったりといったトラブルもあったようですが、私の場合幸いそれはなく、毎日、母艦と同期しているのもあってアップデートは大した時間も掛かりませんでした。

そしてアップデート後は、心配していたパフォーマンスの低下は感じられず、まぁいい感じです。これなら、無理にiPhone4にしなくてもいいのかもしれません。マルチタスクですがiOS4対応してるアプリでないと恩恵に預かれない(*1)ようですが、アプリを選んで終了してメモリ解放出来るのはいいかも。

ココログのiPhoneアプリ等一部起動出来なくなったのもありますが、早晩どうにかなるんでしょう。3Gでも、ややサクサクになるとか、アプリの起動が遅くなるとか、未確認ですが報告が聞こえて来ます。

(*1)
Bluetoothヘッドフォンで曲送り曲戻し等のリモート操作するプロファイルを持たないiPhoneで曲送り曲戻しを実現するBTHelperはアプリ画面にいる時のみ操作が有効で、正にシングルタスク故の状況でしたが、マルチタスク化したiOS4でもまだ未対応なので、裏タスクに回すと操作は無効になっちゃいます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.06.18

米国はSMS受信も課金対象とは知らなかった

SMSは原則的に国内であろうと国外であろうと航空機内であろうと受信は無料だと理解してました。原則的に、ということで例外もあるのだろうとも思ってましたが、例えば米国がそうなのだということは知りませんでした。

受信が無料にならない理由はここで説明がある「米国のモバイル・ネットワークの仕組み」のせいのようです。かいつまむとキャリアの数が多く、それぞれが全米ではなく地域のキャリアで全てのキャリアが相互接続契約をするのは現実的ではないので、発信した側に課金は当然として着信した側で使った通信網の接続料は発信した側のキャリアに請求せず着信したユーザから回収することにした、って感じでしょうか?(ちっともかいつまんでない(汗))

今、所持そして維持してるat&t gophoneの料金を見ると、

Data Services:
Text/Instant Messaging:
20¢/message sent
20¢/message received
International Text Messaging:
25¢/message sent
20¢/ message received
International Picture Messaging:
50¢/message sent
25¢/message received
Picture Messaging:
25¢/message sent
25¢/message received

となってます確かに。欧州キャリアや香港キャリアなどはセールスなSMSを送ってきたりしますが、米国においては受信も課金されるとなったらキャリア自身が送ってくることはなさそうですね。そういや、アクチベート等でwebサイトにてアカウント作る時にe-mailアドレス登録すると、そのアドレス宛にはいろいろなセールスメールして来たりする場合もあったな。そういうことかな。

でも、例えばSBMのケータイとか持って米国でローミングしてる時、SMS受信しても課金対象ではないようです(送信は有償で高いローミング代金になりますからね)。あくまでも米国内キャリアの料金体系ってことですかね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.06.01

memo: gophoneの、

Name: Media Net
Bearer: GPRS
APN: wap.cingular
User ID:
Password:
Primary Server: 0.0.0.0
Secondary Server: 0.0.0.0

Name: AT&T MMS
Bearer: GPRS
APN: wap.cingular
User ID:
Password:
Primary Server: 0.0.0.0
Secondary Server: 0.0.0.0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »