« at&t: Automatic Feature Pack renewal | トップページ | 米国の空港は出国すると何もないのは何でか »

2010.07.18

LAで役に立ったiPhoneアプリとGoogleMap

土地勘もないし郊外に遠出する予定もなかったのでレンタカーは借りませんでした。車がないとどうにもならないと言葉では知っていても,少々ナメてました。LAがとても密度が薄い街だということにようやく気づいたのは帰国前日です。携帯屋とか通りがかったら見ようとか思っててもまー通りがからない。行き当たりばったりで何かできる密度ではなく、それを目指して行くとかしないと出会えない、そういうところでやんした。後数日滞在予定があったらレンタカー借りましたね。

そんなLAで移動するのに使ったのはバス。ただ、バスの停留所がどこにあるかわからなかったりするので重宝したのがGoogleMapです。画面はiPhoneのGoogleMapですが実際に使ったのはN97のGmapです。この電車だかバスだかわからないアイコンがあるところにバス停留所があるのです。
Lagooglemap


そしてもう一つ、こちらはiPhoneアプリのTransitGuru La(iTunesが開きます)。地下鉄とかバスの路線とか時刻表等をwebからダウンロードしてローカルに持ち見る事ができるものです。ほんとはもっと機能あるんだろうけど、そういう用途だけでも有益でした。
Transitgurula

泊まってたところがビバリーヒルズだったりしてたせいもありますが、ホテルの宿泊者等とバスに乗ってる人たちとの人種の差があるのに色々と考えさせれました。

|

« at&t: Automatic Feature Pack renewal | トップページ | 米国の空港は出国すると何もないのは何でか »

ソフトウェア」カテゴリの記事

海外ローミング」カテゴリの記事

番外編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7524/48909052

この記事へのトラックバック一覧です: LAで役に立ったiPhoneアプリとGoogleMap:

« at&t: Automatic Feature Pack renewal | トップページ | 米国の空港は出国すると何もないのは何でか »