« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012.02.19

EmPower

先の英国行には久々にヴァージンアトランティック航空のプレミアムエコノミーだったのですがシート電源あるんですよね。ANAのCクラスのシート電源は日本国内で使われているプラグがそのまま使えるものですが、海外のエアラインはEmPowerを採用していることが多いんじゃないですかね?(未確認、問いかけ(^_^;)) ヴァージン航空のプレミアムエコノミーの場合も以前からEmPowerです。EmPowerのソケットは、見た目は車のシガーライターソケット、ほぼそんな感じです。

私はノートパソコンに関してはデフォではマカーなので、MagSafeを採用する以前のモデルから(=Powerbook G412inchとか)EmPowerケーブルも入手しておりました。MagSafeのEmPowerケーブルもMacBookに替えた時に即、ゲットしてあったのですがANAを使うことが多くて、今回、MBAで初めてのデビューだったり。とは言え、iPadばっかり使ってたのでデビューと言えるかどうか。写真すら撮ってなかったm(_ _)m

Appleのノートはそんなわけで純正のMagSafe EmPower adptorとかあるんですが、日本国内ではEmPowerの普及、知名度低そうで日本のノーパソってEmPowerアダプタのオプションとかあるんですかね?(=調べてない)JALの機材はEmPowerを採用しているようですけどでも、(ANAもそうですが)外付けバッテリー貸し出しサービスも行っていて…。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.16

テルマエ・バース・スパ

ロンドン、パディントン駅から西へ電車で2時間程かな?コッツウォルズをかすめてブリストル手前、バーススパ駅下車、そこにあるThermae Bath Spaって温泉施設に行ってみました。ここは、お風呂の意味の英語bathの語源となったところでもあります。なんでもリア王の父が病でこの地で療養してる際に発見し、その病が治ったとかいう逸話があるとか。

まあ、その温泉なんですがこのテルマエバーススパの施設では少なくとも日本人の考える温泉の温度ではないです。屋上に温水プールがあったのですがヌルい。真冬の屋外、吹きっさらしではキツい程。ぬるま湯なので首まで浸かってる分はなんとか耐えられそうですが、上がるときが半端無い。日本人感覚からするとアホかってな程に真冬でも薄着の人がいたりする欧米系な人も寒そうに上がってましたから。でも、景観は最高。カメラを持ち込めないので写真がないですが、教会の尖塔みたいなのも見えて日本の温泉地の露天風呂なんかとはまた違う風情(テルマエバーススパのサイトに写真があります)。

屋内にはサウナのフロアがあったり、バーデゾーンってかプカプカ浮かんでリラックスな大浴場とかあります。サウナも含め、軒並み日本のそれよりはヌルいです。あ、全ての施設は水着着用です。一応、水着も売店に売ってはいますが、ロンドンのデパートで安いのを調達して行きました。着替えは男女共用のロッカー、シャワールーム。中に鍵のかかる個室の着替えパーテーションがあります。

1329402928684.jpg

1329402930595.jpg

1329402931842.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.15

Photon: WiFiテザリングについて

Photonは標準でテザリングが許されていますが、どうも途中で切れちゃうことがあり、その後うまく繋がらないとかあったりしたんですね。ググってみると、どうもauなんちゃら系の純正アプリが悪さするとかWiFiを接続しようとしてWiMAXが切れてしまいそのまま復帰できなくなっているとか…そんな話。で、これ、WiMAX Force Wakeを入れると解決するらしいとのこと。果たして入れてみたら…動作がイマイチよくわからないとこあるんですが(^_^;)、とにかくはWiFiテザリングでも接続が切れなくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Photon: unlock code購入

http://sim-unlock.net/site/Motorola/Photon%204G/で4.99EURO。IMEIをフォームに書いてsendしてcodeがメールで送られてくるまで30min〜。PhotonのSIMソケットにSIMを挿入して起動、code入力画面になるのでcodeを入れる。そして、モバイルネットワーク設定 > ローミングモード > すべてのGSM/UMTS、に切り替えるとはい、ちゃんとSIMのキャリアで接続できました。auの回線はROMに入ってますから設定を替えればauで繋がります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.06

kindle: kindle touch now shipping Internationally

kindle touch now shipping Internationally…だそうですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒースロー空港DFSエリアで売ってるSIM

6ペンスと8ペンス(どっちがどうだったか忘れた)のSIM: T-mobile UKとO2 UK。他、3 UKの£15/monthのがちよっとお安く。また、米国のSIMも売ってますた。
1328513815824.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Photon: ぁーぁイッチャッタ

噂に違わず中々良いデスけど。

1328512092034.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.02

Streak: Softbankロゴまでの再起動を繰り返す。

もう修理から直ってきているのですが。

英国渡航にはまあ要らんだろうと日本に置いて行ったわけです。ACには繋いだまま。で、帰国後見ると落ちている(物理的にではなくOS的に)。電源入れるとSoftbankロゴを出して(=001DLなので)また再起動する。その繰り返し。おかしい。

Streakはハードウェアキーを使ってファクトリーリセット等(*1)出来るのですが、それでも再起動繰り返しは変わらない。おかしい。

そういえば、渡航直前に一度、リブートかかったと思ったら起動後は初期化されていることがありました。この時には既におかしかったのかもしれない。さて、ソフトバンクショップに持ち込んでみる。店頭では対処できないと言われる。そらそうだ、そんなつもりで行ってない。メーカーへ戻しての修理見積となる。外観が塗装の角が剥げちょビレだが、安心サポートだったかその手のはとっくに解除してるので(購入時加入が必須条件とされてた)筐体の交換は有償扱い、そんなの要らんので「しない」にチェック。代替機は003SHガラパゴス(=案外いいね。じゃ購入する気になるかはまた別だけどナメたもんでもない)を用意された。修理には2週間程掛かる場合があるとのこと。

2 weeks later...

対応したソフトバンクショップより電話あり。落下による故障と判断、有償修理18,000円也の見積がメーカーより来たとのこと。意義申し立てしたいならお客様が直接交渉するのではないけれど相談窓口があり、そこに回すと有償がどうにかならないかディスカウントできないものか等を問い合わせるとの事。

何だ?その回りくどいシステムは。それに確かに落下させたことがあるか否かと訊かれれば、はい何度となくと言わざるを得ないが、せいぜい塗装が剥げる程度。筐体には凹みも歪みも目測で明らかなるものはないのです。塗装の剥げも落下だけではなくバッグ内等で擦れて剥げたというのもある。コネクタ部の塗装も剥げてるが、そこはコネクタが差し込み辛くてケーブルと擦れたせいである。どうであれ、持ち歩く代物、筐体が割れる、凹む等もないのに内部的に簡単に壊れちゃイカンとさえ思う所だが? まあ、とにかくじゃあそれに回してと応え、そして数日後の後には「今回に限り無償となりました」との連絡が。「何ですか? その今回に限りとは?」と言いつつもDell日本法人がXXXで杓子定規な対応とかXXXだったりするのかな?とか想像した。

直ってきたと称される001DL Streakは果たしてメイン基盤交換と記されていたが筐体も傷無しに変わってました。スクリーンプロテクタも製品保護シートに変わっていたので、製品交換したんじゃね?と疑ってたりします。

まあ、ぐずぐずといろいろ環境を再構築した後は一度またリブートかかったけれど初期化にはならず、ふつーに動いています。テザリングもちゃんと。

(*1)
ここのissue 5参照

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »