« T-mobile UK euro boosters | トップページ | 新iPad 3GのSIM lock »

2012.07.05

EivissaのThe Phone HouseでYoigoのSIMを購入修正版

<なんだかココログがおかしかったので一度削除して再編集>

1341478659500.jpg

SIM のみ購入は20ユーロ、20ユーロ分のクレジット付。iPhoneを持ってたからiPhoneに入れるのか?と訊かれ、その時持参してたiPhoneは限定的SIM free だったのでその場で差し替えられないのだが、iPadに入れるかもしれないから、そうだと答える。だが、出してきたSIMを見るとmicroではなくmini。あれ?microは?って言うとSIMカッターを見せられた。ナルホド(゚◇゚)ガーン パスポートの提示あり。APN設定を自分でやると言うと紙に書いてくれた。

APN : internet

のみ設定するだけなんだけど。

ところで課金がよく分からなくて、使用し始めて4日目か5日目にSIMを挿したiPadが「データ接続が有効な残高がありません」とか表示したのでありゃ?残高なくなりましたか?と思ってしまい、土地勘がなくNAVIもない(っていうかまともな地図もないんだよっ…)車で出かける直前でiPadのGoogleMap必須だったので、気持ちの余裕なく確かめもせずSoftbank SIMで海外パケットし放題を使ってしまった(*1)。後で確かめたら理由は不明ながらAPN設定が飛んでおり、設定しなおしたらちゃんと変なメッセージも出さずにデータ接続した。この時点で*111#で残高を確かめると20euroのまま。ちなみに今、残高を確かめると15.90euro(*2)

(*1)
海外パケットし放題は一日単位の課金で25MBを超えると最大2,980円。一日は日本時間。スペイン・イビサ島とは-8時間の時差。この季節、スペインは夜の9時過ぎまで日が暮れきらない。出かけた時間は昼過ぎで帰った時間は18時位なんだけど、日本時間的には2日分になっちゃいましたとさ(チェックしたら2,980円+1,980円になってた)

(*2)
SIM unlock済みのauのPhoton(ISW11M)ではこの*111#でコールをやるとUSSDコードを実行していますとかなんとか出たままになる。残高照会でけん。何で?

|

« T-mobile UK euro boosters | トップページ | 新iPad 3GのSIM lock »

番外編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7524/55127751

この記事へのトラックバック一覧です: EivissaのThe Phone HouseでYoigoのSIMを購入修正版:

« T-mobile UK euro boosters | トップページ | 新iPad 3GのSIM lock »