« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012.12.30

Lightning microUSB adaptor

iPhone5,iPad4,iPad miniから従来のDoc connectorからLightningに変更になりました。Doc connectorケーブルならそれこそ100円ショップで伸縮型のだって売られていましたが、Lightning はチップ内蔵ということもあり当初は純正の1,880円程のものしかありませんでした。遅れてLightning 30pin adaptor 2,800円等も出ましたがようやくサードパーティからLightning 対応の各種アダプタ、ケーブルが出回るようになってきましたね。私も既に純正のケーブルを3本買い足し30pinアダプタもLightning microUSBアダプタも買った上でサードパーティ製のケーブル780円1本、そして写真のmicroUSBアダプタ580円を2個買いました。Image_3


Image_4純正のmicroUSBアダプタと比べると大きさがだいぶ違う(^_^;) 差込み感もややキツメ?

非純正品のせいか、稀に「対応していない機器です」的アラートが出る場合があるようですけど(=microUSBアダプタでは経験ないけど非純正Lightningケーブルでは経験あり)差込み直すと大丈夫のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPad mini: 買いました。(13/02/03 一部補足)

iPad4とiPad miniのセルラーモデルなら、私が元々ソフトバンクのiPhone5ユーザなので各種割引を適用すると0から定額で入手してたiPad3をWiFi運用するよりも月額千円程上乗せでLTE使いたい放題(7G制限は無視)の契約が出来るのでモヤモヤと一月してましたが、ついに22日予約(=いや、実はもうふらっとお店に行けば買えるのとばかり思ってたら、在庫がなかったりしてたんですねぇ。au版は新宿ヨドバシカメラではあったんですが、それだと目論見のコストで維持できない)しました。iPad3の機種変です。一部で訊いたところ二三週間掛かるかも?だったので年内は無理と思ってたのですが、昨日確保できたと連絡があり、喜び勇んで取りに、契約更改に行きました。一括で購入。

iPad3は残債があるけれどスマフォファミリー割という名で新規回線契約してiPad3にあてがうと、機種変で本来消える月々割が維持され残債分はそれで相殺されます(*1)。0から…(またそれかよ)にするとモバイルデータ通信を全く行わない限り月額0円で維持が可能ということ。これにしないと残債を払わなくちゃいけないのですから、まあ契約しちゃいますわな。純増に加担したわけです。

なわけで、miniの月々割はそのまま料金から引かれるわけだから結果、今より月額料金安くなったかも。フラットなLTE回線になった上で。Image

iPad mini、店頭で弄ってた分ではやはりiPadに比べれば画面の小ささが気になり要らねーなiPadの方がいいな、と思ってたんですがいざ入手してみると、ま画面が小さいんでそれはそうなんだけど筐体的には軽いし小さくて持ちやすい。段々とコレでいい気がしてきちゃう不思議さよ。
ところで、このminiは白のしたんですがセルラーモデルの特徴、アンテナ収容部も白なんですね。


Image_2

(*1)
やや、勘違いしてた。残債分は親回線の方に変わらず請求される。維持された風に見える月々割は、その額面相当が新規回線の使用代金から引かれる。よって0円維持すると残債はそのまま月々割無しで支払う。新規回線で0円維持可能なプランではなくフラットな定額にすると月々割相当分が引かれるが数百円の支払いは発生する。結論としてスマホファミリー割で0円維持を使おうが使わず新規契約しなくても月の支払い金額は変わらない。フラットな方にすると新規回線側から数百円は売り上げが増える。なんとも巧妙な純増数水増しプラン。恐れ入りましたわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »