« 海外旅行時の通信環境温故知新 | トップページ | 旅先通信機器温故知新 »

2013.02.01

iPad: タブレット端末で雑誌を読む

今更ながら不意にビューンなどで電子配信された雑誌を読んでいます、iPad miniで。

電子配信の良いところは通信環境さえあれば読みたいと思ったら入手出来るところです。これは本当、強力で本屋さんやコンビニに出向く必要がなく買い手の買う買う魂が消えないうちに買わせる事が出来るのです。まだまだ電子配信をしていない雑誌が多いですし、配信のコストは0ではないし電子配信の売り上げが何れくらいあるのか? 紙の方の売り上げにどの程度影響が出るのか、とか未だ未知数なところもあって色々とムズカシイんだと思います。それでも電子配信に向かって行くんでしょうね。

ビューンは月額定額(iPadなら450円、iPhoneなら350円/月)で、ビューン内で配信されている雑誌を読む事が出来ます。雑誌にもよりますが紙の本誌の記事全部を読めるわけではなく、ある意味書店での立ち読み的ニュアンスでもあったりしますが、これで概ね間に合っちゃうかも。紙の本誌を買うまではあまり行かないだろうと思う。そして、450円の月額から各出版社に分配がどれくらいあるのか分からないけど、中々厳しそうな商売ですな。

ところで、以前にFacebookかな? そこでシェアされた記事にタブレット端末で紙の雑誌をそのまま持って来たようなレイアウトでは文字が小さくて読みづらい、どうにかならんのか?的なものがありました。雑誌の電子配信って大雑把に言うとPDF出力したデータにDRM的な何かの仕組を加えたものだと思うんですが、雑誌の判型の殆どはA4やB5です。フルサイズのiPadでさえB5の1頁はほぼ原寸、A4の1頁はどうしても縮小表示になりますから、元の本文が11Q〜12Q(*1)だから縮小されると10Qかそれ以下になっちゃうんですね。通常、このQ数はキャプション(写真や図版に付いてるワード数の少ない文字)でしか使わないサイズです。iPad miniとなると6Qかそこらに相当する文字の大きさになってしまい、紙のメディアではそんなQ数はあまり使いません。事実上、ズームさせながら読むわけですが、そうなってくると頁の全体の閲覧性が阻害されます。書籍のようにずっと文字だけ追うような読み方が普通ならいいんですが、雑誌ってわりかし見開いた頁を流し見て本文やキャプションを拾い読みし興味が出たら本文を読み進めるみたいなことしたりしません? フルサイズのiPadを横位置にすると見開き表示なりますがA4判型実寸見開きの何割かの縮小になります。本文は8Qか大きくても10Q程度かな? iPad miniに至っては大きくて6Q程度かもしれません。これではほぼ文字は頭に入りません。

その問題点の対応策がNewsstandで配信が始まったMacPeopleにありました。テキスト部分をタップするとポップアップウィンドウが開いてテキストだけ大きく表示されるんです。

1359716735448.jpg

なるほど、よく考えたなあと思いますが、それでも流し見る時には小さい文字のままなので完全な対策ではないですね。

持ち運びやすくていざ見る時は表示エリアがでかい、でかくなるディスプレイ装置が一番いいんだと思うんですけどね。例えばこんな感じで↓
Magazinereader

(*1)
Q数。写真植字機で使われていた文字の大きさの単位。1Q(1級)=1H(1歯)=0.25mm(=一辺が0.25mmのマス)

|

« 海外旅行時の通信環境温故知新 | トップページ | 旅先通信機器温故知新 »

iPad」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7524/56674700

この記事へのトラックバック一覧です: iPad: タブレット端末で雑誌を読む:

« 海外旅行時の通信環境温故知新 | トップページ | 旅先通信機器温故知新 »