« なんだよLTE | トップページ | iPhone: iPhone5再活用計画 2 »

2013.10.18

iPhone: iPhone5再活用計画1

5sのおかげで最前線を退き予備役になったiPhone 5。比べりゃ5sの方が速いけど、iOS7だってそんなには。まだ一年程度しか使ってないし何かに使いたい。なのでとりあえす、SIM unlockしてみることに。

SiM unlockはiPhone 5では方法は2つ(*1)あり、1つはファクトリーアンロックと呼ばれる。完全なunlock。業者にIMEIを送ってunlock解除コードを貰うって感じかな? これは永続的なunlcokになり以後のiOSアップデート,BaseBandのアップデートに左右されません。事実上,正式なSIM FreeなiPhoneと同義です。値段は日本円にすると18千円から2万円程。提供する業者は多くなく集中するのかサービス受付が止まったりすることもあるとかなんとか。また、存在そのものはグレーゾーン的なこともあるようでいつまでも対応できるのかどうか。

もう1つはSIM下駄と呼ばれるSIMを乗せる基盤。今回はこれを使います。入手したのはSmart King 5というnano SIMサイズの基盤と専用トレイ付きのもの。
Smartkingpac
Simtrayandpin
SIM下駄は大分以前からいろいろありますが、以前のものは正規SIMではないものを認識させる手順が必要なものもありましたが、最近はそこいらは割と簡略化出来て来てるようです。このSmart Kingも最初に挿した時に出る画面で本来のキャリアを選択するメニューが出ますが(私のiPhone 5はソフトバンクのSIMロックなので JP SBを選ぶ)再起動後は電波を掴むまで待つだけです。APNの編集画面が表示できない理由でAPN編集が出来ないのでAPN設定を持たせたプロファイルを作成してインストールすることになります。これはGevey SIM等と同じです(ってか、Geveyのサイトを利用してるし)。Simcutting

iOS7 BaseBand 5.00.01まで対応してますが幾つか制限があり、一番大きいのは国内キャリアのSIMは今の時点では使えないことでしょう。つまり、docomo SIM(MVNO含む)を挿しても使えないということです。2G(GSM)用、あるいは2G及び3Gデュアル回線SIMなら使えるけど128k USIMは使えないそうです。日本国内ではGSM圏のSIMを海外ローミングでしか使えないということになります。私的にはたいした問題では無いですが、日本で好きにSIMを挿し替えて使いたい用途は無理ってことで、やや安目なのはそういうことかな?
Iphone5docomo

私は、iPhone 3GSに挿しっぱにしていたO2 UKのSIM、元はmini SIMだったがmicroSIMに打ち抜いてあったのを更にnanoSIMに打ち抜いて挿しています。SIMの抜き差しをした後で電波の掴みが悪い気がして再起動したりするとアクチベーションの必要があります、と言われたりするので手元に正規キャリアのSIMを持っておいた方がいいようです。正規キャリアのSIMを一度挿してから抜き、SIM下駄と認識させたいSIMを挿し直すとまた電波掴みます。
Needactivation
これ、試してないんだけど、きっとこのままだとテザリングは出来ないような気はします。APNの編集が出来ないから。データ接続のAPNはプロファイルのインストールで出来てますが、インターネット共有の設定は出来てないわけですから(=正規キャリアの設定になってると思われ)

アンテナ立って電波は掴んでるし、O2 UKからSMSも飛んで来たので機能はしているんだと思います。

あ、でもこれやっぱりイマイチかも。いつのまにか電波をロストしてることあるし、ロストした後では中々電波を掴ませることに四苦八苦する。

(*1)
世の中にはBaseBandチップ載せ替えって方法もあるようですが(iPhone 5も対応だったかは要確認)、ハードウェア改造だし業者に送る必要がある上にedge止まりだったかも。現実的ではありません.


|

« なんだよLTE | トップページ | iPhone: iPhone5再活用計画 2 »

iPhone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7524/58409362

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone: iPhone5再活用計画1:

« なんだよLTE | トップページ | iPhone: iPhone5再活用計画 2 »