« Kindle paperwhite: iOS端末のテザリング接続 | トップページ | Lumia1320: 持つねバッテリ »

2014.04.21

ファブレット端末の意外なデメリット

Lumia1320(ファブレット端末) はスマートフォンより大きくタブレットよりは小さい、中途半端なサイズと言えます。それでもiPad miniよりはふた周り以上は小さい。なので、扱い方としてはスマートフォン寄り。これはこの事はファブレットの1番のメリットかもしれない。

だけど、例えば寝転がって操作しているとする。iPhone位のサイズなら片手の掌で保持し続けられるし重量的にも苦ではない。しかし、6インチ級ともなると片手でガッチリ握ったとしても手からは半分ははみ出る。操作するとなると液晶画面が割にベゼルぎりぎりだったりするとガッチリ握ると画面の端が見えにくい。指の先で保持する感じになる。大きい分だけ重量もややある。そしてタップなりフリックなりすると、力加減によっては保持のバランスが崩れる。手から滑り落ちたりする。

Lumia1320の背面ケースに滑り止めや滑りにくい材質のモノが欲しい。


|

« Kindle paperwhite: iOS端末のテザリング接続 | トップページ | Lumia1320: 持つねバッテリ »

Lumia」カテゴリの記事

コメント

なに、手を大きくすればいいんです。

投稿: 西瓜男 | 2014.04.26 01:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7524/59506972

この記事へのトラックバック一覧です: ファブレット端末の意外なデメリット:

« Kindle paperwhite: iOS端末のテザリング接続 | トップページ | Lumia1320: 持つねバッテリ »