« Lumia1320: ライブタイル | トップページ | iPhone: 届いたスマホ開腹手術セット »

2014.07.05

iPhone: 水没したiPhone5と開腹

水没させてしまったというiPhone5。以前にも4か4Sの時に水没させたのを開腹し、水を拭き取り乾燥させて復活させたことがあります。

iPhone5は、Lightningの端子の両側にある、例の特殊なトルクスっぽいネジ(従来から使われているタイプ)2つを外すと液晶側ガラス面が開くのだそうです。4/4sはネジを外し背面ガラス面を少しスライドさせると簡単に開く感じでしたが、iPhone5はちょっとそういうわけにも行かず、ネジを外した後でガラス面に吸盤を密着させ引っ張りあげLightning端子側に隙間が出来たらプラスチックのオープナー等(*1)を差し込み(金属製だと傷がつきやすい)コジコジすると開きます。上面はフレキとかで液晶に繋がっているので注意(*2)です。
Opentools_2
Openiphone5

開いてみたらバッテリんとこに目に見える水があったので拭き取り、そこいらをそれとなく紙縒り状にしたティッシュで触り再びお腹を閉じて乾燥剤を抱かせて(*3)2日程は放置しとくつもり。

(*1)
吸盤はDSのワンセグチューナーアンテナを窓ガラスに貼付ける時に使う吸盤を利用。ちょっと接着機能不足だったけどどうにかなった。オープナーは持ってなかったのでAmazonで注文したんだけど(特殊ドライバー等とセット品)、届く前に糸楊枝を使ったらなんとかなった。ドライバーは4/4sの裏蓋換えたりする用で以前から幾つか持ってた。
(*2)
5sだとホームボタンんとこの指紋認証も繋がっているようなので写真のような開き方にならず、もっとめんどくさいらしいです。
(*3)
糖分や乳分の入った飲み物、海水等に浸かった場合は、単純な乾燥させてしまうのはヤバいらしいので注意。リペア屋に即、持って行った方がいいかも。

|

« Lumia1320: ライブタイル | トップページ | iPhone: 届いたスマホ開腹手術セット »

iPhone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7524/59933677

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone: 水没したiPhone5と開腹:

« Lumia1320: ライブタイル | トップページ | iPhone: 届いたスマホ開腹手術セット »